身長の高さ低さは人生の成功に影響するという英国の研究結果をどう考える?

身長が高いと有利な点はあるの?低いと不利な点というのはあるの?
見た目に影響してくるので、何かの影響はあるかと思いますが、それが人生の成功にまで関わってくるとなるとどうなのでしょうか?

英国で身長の高さ低さと人生の成功が関係があるというような研究結果が発表されたという記事がありました。

本当であれば、自分自身はどうにもならないとしても、子供はどうしようかと考えてしまいますし、やはり気になる内容ではありますよね。

この記事の内容と日本ではどうなのかということを書いてみます。

英国の研究で身長・体重が人生の成功を左右すると確認

身長と人生の成功についての関係ですが、元はフォーブスで紹介された記事になります。

「身長・体重は人生の成功を左右する」、英研究で確認
https://forbesjapan.com/articles/detail/11576/1/1/1

身長だけではなく体重でも関係するということで、

「身長低い男性と太った女性はそうでない人達に比べ、教育や仕事、給与など人生を左右する問題において、与えられる機会が少ない傾向があることがわかった」

という内容が書かれています。

この身長は男性に限る話になるようで、
「身長が3インチ(約7.6cm)高くなるごとに、年収は1,500ポンド(約24万円)少なくなる」というものでした。

7.6cmで24万円であれば、170cmと177.6cmで24万円、偶然の範囲であって個人差が大きくそんなにたいした話ではないのでは?とも見えかねないですが、平均値としてこのように出ると何らかの意味合いは出てくるのかもしれません。

体重は自己管理で後からでもどうにでもできてしまいますが、身長に関しては、社会人になってからどうかしようと思ってどうにでもなるものでもないですし、非常に厳しい結果になってしまいますね。

低身長と肥満は栄養が与えられていなかった結果?

なぜこのような結果が出てきてしまうのか?
考えられる理由の一つとしては、低身長と肥満は栄養が満足に与えられていなかった結果ではというコメントもありました。

確かに今身長を伸ばすのは栄養・運動・睡眠の3要素が基本となっており、栄養が満足でない生活を子供時代に送ると低身長になりやすいというような結果が出ています。

肥満も食べ過ぎから起こるものではありますが、もっと原因を突き詰めるときちんとした栄養のあるものではなくて、ジャンクフードを食べているからなりやすいというものです。

身長も肥満も低身長、太っているという状態になりやすいのは、結局のところあまり良い家庭環境ではないというところに行き着くのかもしれません。

裕福な家庭に育てば、食事も自然と良いものが出てくるようになって、栄養たっぷりで身長も大きくなりやすいということです。
(裕福でも子どもがほったらかしで良いものを食べていないケースもあるのでしょうが、それは本当に裕福であるとは言えないでしょう)

育つ環境が良くなかったからスタイルもよくならず、そのスタイルの問題ではなく、社会で成功しにくい育ち方になってしまっている、これが本当の原因だと考えるものです。

これは一理ある話とも言えます。

自尊心の低さが問題になって影響が出ている?

身長が低いと社会で成功しにくい、これは自尊心の低さが影響しているのではという話もありました。

身長が低いことを自分自身がコンプレックスに感じてしまい、そのコンプレックスから、仕事の成果等でも悪い状態が続いてしまっているというものです。

身長が低くて見た目が悪いから、学生時代も良い思いができなくて、自尊心が低くなり、就職でも上手くいかず、仕事も上手くいかず・・・となんだかイメージできてしまいそうなものがあります。

ただ、これも本当に?と思うところはあります。
身長が低めの人で結構世の中上手くいっている人も多くありませんか?

身長が低いから上手くいかない、もちろん全員がというわけではなく全体の傾向という話にはなりますが、これはやや被害妄想的なところもあるかなとは思ってしまいます。

あくまで英国の研究の話で日本とは文化も背景も違う可能性もありますのでなんともいえません。

見た目の問題でスタイルが良い方がいい?

身長が高いとか肥満とかとはとにかくスタイルの問題であって、見た目が良い方が社会で成功しやすい。

これはある話なのかなと考えます。
日本ではだらしない恰好の管理職はたくさんいますが、欧米だと、太っている人は自己管理ができていないとみなされてマイナス評価があるなんて話も聞いたことがあります。

身長に関しては自己管理でどうにかできる範囲を超えているので非常に微妙なところではありますが、見た目が良い方が出世しやすい等はあるかもしれません。

見た目が良くない人が上司になってほしくないとか、プレゼンの主役は見た目が映える人の方がいいとか、会社の顔となるような人が不細工だとちょっと・・・とか人間いろいろな事情はあるかと思います。

身長のその一要素ということでスタイルがいい人の方が同じ仕事レベルだとしても選ばれやすいということはあってもおかしくないかもしれません。

時代の影響もあるでしょうし、今ほど平等が重視されていない時代の人達の結果が大きく作用していることもあるのでしょう。

日本では高身長はかつては不利だったという話も

これは余談になるのですが、高身長がいいのかどうかということで、実は日本では遺伝的特徴としてかつては高身長は不利だったというような話もありました。

遺伝レベルの話なので、この数十年や戦後のビジネス社会の話ではなく、本当に昔の話ということです。

日本人の身長の遺伝的特徴を解明、高身長は不利だった可能性
https://univ-journal.jp/28177/

結果として高身長の方が生き残っていないということで、なぜそうなったかまでは判明してはいないようです。

体が大きい方が敵に見つかりやすい、物理的に生き残りにくい、食糧難のときに厳しい?等考えられます。昔はリーダーシップ的なシーンでも体の大きさの捉え方とはいうのはまた違ったのかもしれません。

必ずしも身長が高いことが永遠の絶対的正義であったということではなく、あくまで現代の国際情勢や社会情勢が高身長の人を求める傾向があるというだけなんですね。

ただ、現代に生きるのが私達である以上、今生き残る方法を考えていかなければいけません。

日本の成功者はそこまで背が高いわけではない?

今回の研究は英国の話ということを言いましたが、日本の成功者としては身長は関係しているのでしょうか?

これを考えると、実は本当の成功者となるには日本では身長は関係ないのでは?というところがあります。

何をもって成功者というのかという定義の問題もあるかと思います。
一般的な実業家を成功者とみた場合ですが、ソフトバンクの孫正義氏はどう見ても高い身長ではありません。

160cmしか身長はないそうです。年代の違いはあるとしても一般的な日本人男性から考えるとかなり低めです。

最近話題となりがちな元ZOZO、スタートトゥデイの前澤友作氏の身長も162cmということ。この方もかなり低めですが、事業の大成功については言うまでもありませんね。

趣向をやや変えて、ユニクロの経営者柳井正氏を見てみても、正確にはわかりませんが160cm台前半くらいに見えますし、高身長であるとはいえないでしょう。

たまたま低い人だけをピックアップしたと言われればそれまでですが、日本の経営者でさすが経営者だけあってスタイルがいいとか、そんな話は全然聞きませんよね?

成功者と呼ばれるレベルを日本で考えると、身長との関係性というのはそんなにないのではと思えてしまうのです。

本質的には社会的成功とは関係はない

身長と社会での成功というのは本質的には関係はありません。
当たり前の話であって、身長が高いからその事業を評価する人もいなければ商談が成功するなんてこともありません。

社会的に有名になるほど成功する時点で何かがとがっているというところもあるかと考えられます。

他の人と全く同じようなことをやっていたのでは今の時代大成功なんてことはありえませんし、見た目がいいから評価されましたなんてレベルで成功者になれるなんてことはありません。

これは身長というか、ここまでの成功者になると、そういう次元を超えているということが大きいのでしょう。

本気で起業したいとか、事業をやりたいなんて人は身長なんて関係ありませんのでこんなことを気にするのは終わりにしましょう。

就職には関係する可能性はある

社会で有名になるほど成功するには身長なんて関係ないという話をしました。

では就職で成功するには関係するのかしないのか?これは間接的には関係してくる部分もあるかと思います。

これは経営レベルで成功するには見た目等の話ではなくなりますが、就職ということは誰かに選ばれて雇われるということ。
雇われる立場で見た目がいいと悪い人、どちらを選びますかという話になるからです。

今の時代は見た目は一切関係なく平等で中身で決めるといっても、それはやはり建前であるように思います。見た目とあからさまに言わないだけで第一印象と言葉を変えて影響してくるでしょう。

見た目が良いことは営業でも良い成績になる可能性がありますし、社内でも見た目は良いにこしたことはありません。

ただ、あくまで見た目の総合的な話であり、このことには身長だけではなく、他の容姿であったり、清潔感であったり、話し方であったりという部分も含まれます。

何もかものパーフェクトな人間というのは普通はいないものです。
身長が低ければ他の部分でカバーすればいいだけのことであり、身長が低い=見た目が悪くて就職で不利というようなことでもありません。

子供は高くなるよう育てた方が良いかも

大人になってからはもう身長に関しては、どうにかするには難しいものです。
見た目もダイエット等で変えることはできても、顔のつくりなどは変えられませんし、今ある自分で勝負で勝負するしかありません。

でも、子供であれば、まだまだこれから身長を伸ばしていくことができます。

身長は遺伝の影響もありますが、それが100%であるということはなく、栄養・運動・睡眠を中心として生活習慣によって変動を受けていくものになります。

それであれば、今の日本であればある程度高くなるように育てた方がいいのではと考えます。

別にモデルのように高くなるように厳しいトレーニングをしろというわけではありませんが、しっかりと身長を最大限伸ばせるように育てることで、つまらないことで本来伸ばせたであろう身長を失うことはないということです。

世の中を生きていく上で見た目というものが少しでも影響してくるのであればそれは良いにこしたことがないというものです。

親によってコントロールすることができる範囲のものであれば、少しでもよくしてあげたいですよね。

低くて不安ならサプリメントの利用も

両親の身長が低くて、子供も低めになる可能性が高そう、今までの育ち方、成長の度合いを見て身長の伸びが良くないという場合、生活を見直すということは大事です。

ただ、なかなか見直すといっても明らかに生活が偏っている、良くないということでない限りは難しいことも多いです。

もし本当に身長が心配というのであればサプリメントを使うことを考えてみるのもいいかと思います。このようなサプリメントを使っておけば、とりあえず栄養面に関しては心配はなくなります。

身長サプリメント

身長を伸ばすサプリメントNAVI

身長を伸ばすサプリメントについて。中学生・高校生でも身長は伸ばせる?

2020年5月4日

後は基本的には睡眠の見直しということで、夜更かしをしていないか、きちんと夜眠れているのか、睡眠時間は足りているのか等を見ていければ、やれることはやったといえるのではないでしょうか。

まとめ

ここでは身長の高さと社会での成功についての関係について英国の研究結果の考察と日本の場合ということについて書いてみました。

日本においては、本質的には身長がどうかで社会的な大成功が決まるというようなことはありませんが、それでも社会で生きていく上で、総合的な見た上で見た目の良さというのは関係してくるのかなと思われます。

それだけがすべてではありませんので、あくまで一要因としての話でしかありませんが、それでも見た目に関しても気を使って少しでもよくすることを考えていくというのもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です