左右の脚の長さが違うようにならないために スポーツに注意

子どものときの過ごし方で左右の足の長さが違うということも起こってしまう?

そのようなニュースが掲載されていました。
左右の足の長さが違うとどうなってしまうの?
きちんと問題なく成長していくにはどうしたらいいの?

いろいろと心配になってしまいますよね。
ここでは、このニュースを含めたスポーツと成長について話をしていきます。

成長期のスポーツの危険

成長期のスポーツ。これが過剰負荷をかけると危険であるということがニュース上がっていました。

参考)過剰負荷は「骨端症」の危険…成長障害で「左右の脚の長さが違う」「肘が曲がって伸びない」
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200111-00010001-yomidr-sctch

これは子ども時代の骨端軟骨が影響しているということです。
骨端軟骨という言い方をしていますが、このサイトでいう骨端線(こったんせん)と同じものを指しています。

子ども時代には骨の端の部分が軟骨状態となっており、この部分が成長することによって身長が伸びるという役割を果たしています。

身長を伸ばすということで非常に重要な役割を持っているこの骨端線の部分ですが、この部分は軟骨ということで、他の部分よりも圧力に弱く、繰りかえし引っ張ったり、ねじったりというような過剰な負荷を受けてると、傷ついてしまうということです。

子ども時代にハードなスポーツをしているとこの部分を痛めてしまう可能性があります。

特定の箇所がダメージを受けることによって成長した結果、左右の脚の長さが変わってしまったり、肘が曲がって伸びなかったりという被害が発生します。

骨端線を調べる方法はあるの?まだ身長が伸びるかどうかがわかる?

2020年1月9日

いろいろなスポーツをした方がいい

子どもがせっかく体を鍛えたり、精神を鍛えたりするのにスポーツをやっているのに、そのスポーツのせいで将来の体に悪い影響を及ぼしてしまうのでは仕方がありません。

この解決法の一つとしては、一つのスポーツにこだわらず、いろいろなスポーツをやってみるというものがあります。

一つのスポーツに集中しすぎると、負荷も特定の箇所だけにかかって、ダメージを受けやすくなるということです。

ニュースでは、アメリカの場合は、子どもは複数のスポーツを掛け持ちするのが一般的であるとされています。
よく日本とアメリカで比較されて、日本は根性論で良くない等のような話が出たりしますが、スポーツにおいてもアメリカの方が柔軟にやっているのかもしれません。

子どもの経験上も本当はいろいろなスポーツを経験して、その中で自分に合うものを見つけていくというのも良いことです。
特定のスポーツしかやっていないと、本当は他のスポーツの方がむいていたのに、それしかやっていないため他のことに気づかないということもあります。

本当にプロスポーツを目指すというような人であればまた条件は違ってくるのでしょうけど、その場合はまた体調管理、健康管理もまた特殊なものになってくるのでしょう。

一般的に健康の範囲、社会勉強の範囲でスポーツをやっていくというのであれば、特定のスポーツだけにこだわって筋力をあまりにも酷使する等は避けた方が良いということです。

身長を伸ばすためには運動は必要

このサイトでは身長を伸ばす方法について研究していくものですので、身長という側面から見ていきたいと思います。

こうしたニュースを見ると、子どもにはスポーツをさせない方がいいのではというような気持ちも出てくるかもしれません。

ハードすぎるスポーツをする必要性はもちろんありませんが、実は身長を伸ばすためにはスポーツ、運動をした方が良いとされています。

身長を伸ばすのは栄養・運動・睡眠と言われており、運動も身長を伸ばすために役立つ行動の一つなのです。

運動をしていると成長ホルモンが活発に分泌されていきます。
体の原理がそうなっている以上、ある程度の運動は子ども時代にしておく方が健全な成長につながると言えるでしょう。

特に身長の伸びを心配しているという場合、何らかの運動を始めてみるのもいいかもしれません。

このニュースに関する声は?

今回のニュースに関しては、みなさんはどのような声をあげているのでしょうか?

・子どもの頃は特に一つのスポーツに特化せず、楽しみながら広く浅くいろいろなスポーツを体験する方がいい。一つのことを一生懸命頑張るのを良しとする価値観は改めた方がいい。

・痛くても練習するのが当たり前の時代ではない。

・ほんと日本的な話。体力的にもメンタル的にもいろいろな競技で遊ぶことが大切。

・成長期はスポーツの楽しさを教え、ほどほど楽しむべき。

・ケガ、胡椒のしやすさというのもまた個人差があるもの。生まれ持った体が強いかどうかもまた才能の一つ。本人やコーチがどこまで大丈夫かはしっかりと把握することが大切。

このような声が上がってきています。
やはり最近の風潮からもそういった声が多くなってきていますね。

昔は体育の授業で根性でウサギ跳びをやっていたけど、後からそれは体に悪いことがわかったやらなくなった、そんなことが他のあらゆる要素でもあるものです。

あまりに体を酷使するようなトレーニングを成長期にやってしまうと、それこそ負担がかかって両脚の長さが違うとか、特定箇所がずっと痛いとか、骨が変に曲がってしまったとか、将来公開することにもなりかねないのです。

身長を伸ばすには適度な運動で十分

身長を伸ばすために必要なこととして運動があるということを言いました。

では、どれだけの運動が必要なのかといいますと、これはあくまで適度な運動で十分であると考えます。

身長を伸ばすにはさまざまな要因があり、その一つが運動であるということですが、あくまで要因の一つでしかなく、徹底的に運動をしろということではありません。

スポーツ選手を見ると競技によっては身長が大きい人が多いですが、これは身長が高いからこそその競技で生き残ったという部分もあり、必ずしもスポーツをやったからそこまで伸びたとは言えない部分もあります。

スポーツをしていると成長ホルモンが分泌されていくということは事実ではありますが、そこまで徹底した運動である必要はなく、軽いジョギングやストレッチでも大丈夫です。

運動は身長を伸ばす要因となるといっても、今背が高い人が絶対に運動部だったなんてことはありませんし、文化部系、帰宅部系の人でも背が高い人なんていうのはいくらでもいるわけです。

遺伝の要素等もあるとは思いますが、身長という点で考えた場合、運動にこだわらず、生活習慣や食事等を見直していくというのが一番効率的かなと考えられます。

過剰なスポーツは不要だが、本人はどこまでを望むか

身長を伸ばすことであったり、本人の社会的成長ということを考えた場合に過剰なスポーツでの負荷を受けるということは全く不要なことになります。

ただ、本人が何を望むのかというのはまた別問題であるのが難しいところです。

本人が熱中してスポーツに打ち込んでいるのであれば、それは素晴らしいことですし、学生時代に本気で打ち込んだものがあるというのは後々の人生においても糧となる部分があります。

自己肯定感を高めることにもつながりますし、あえて否定するほどのことではありません。

このあたりのバランスというのは非常に難しいものになるかと想像されます。優秀なコーチがついていて指導してくれるのであれば一番いいのかもしれませんが、部活動レベルで運動をするとなるとなかなか期待するのは厳しいかもしれません。

むしろある程度の強豪校の方がしっかりとしたトレーニングを行えるのかもしれません。

整体やストレッチである程度の改善は可能

ちなみに左右の脚の長さが変わってしまった等のトラブルに関しては成人してからでもある程度のレベルであれば、整体であったりストレッチで改善していくことも可能です。

左右の脚の長さが違うというのも、そのレベルというのはかなり異なります。

脚の長さが違っていることでパンツを買うときの裾上げで困るというようなレベルのものもあれば、腰痛、股関節痛につながって、日常生活でも困るというようなものもあります。

脚の長さが違うものを矯正するということについての動画が出ていましたので紹介しておきます。

程度がどれほどかということにもよりますが、少しでも改善していけるといいですね。

本当に日常的な痛みがある等の問題がある場合、重度の場合に関しては自分での独自のストレッチではなく、きちんと整体等で体を見てもらうようにしてみてください。
独自でやってみて、実はそっちではなかった、そのストレッチでは効かなかった等のないように注意しましょう。

しっかりとした栄養を摂り強い体を作る

子どもに関しては、しっかりとした栄養をとって強い体を作っていくというのも大事です。

身長を伸ばすのにも栄養は重要視されていますし、骨を強くするというのも栄養の力が関係してきます。

筋肉をつくることであっても、栄養面が足りていないとパワー不足に陥ってしまいます。

学生で体が出来上がらないうちは、なかなか筋肉等もつきにくいものにはなりますが、栄養面で充実させて強い体、フィジカル的に強い体を作っておくというのも将来トラブルを防ぐためにも大事になってきます。

骨を強くするということであればカルシウムが適していますし、身長を伸ばしたり、筋肉をつけていくということであればたんぱく質が大事です。

この時期は食事を適当にしてしまうというのではなく、しっかりと栄養のあるものを摂るようにしていきましょう。

身長を伸ばしたいのであれば子どものうちにサプリメント利用も

身長を伸ばすという方法についてですが、もし本気で伸ばしていきたいと考えるのであればサプリメントを利用していくというのも一つの方法です。

身長には個人差がありますので、黙っていても伸び続けるような体質の人もいれば、普段の生活スタイルや食生活がよくない、遺伝体質的になかなか伸びないというような人もいます。

なかなか伸びないという人もサプリメントを摂ることによって栄養状態が変化して伸びやすい体質に改善していくという例も出ています。

きちんと適したサプリメントをとっておけば、体も丈夫にしつつ身長も伸ばしていくということも可能です。

身長を伸ばすサプリメントNAVI

身長を伸ばすサプリメントについて。中学生・高校生でも身長は伸ばせる?

2019年10月21日

フィジカルを重視したサプリメント

今回、スポーツ系の話になりますので、フィジカル面も重視したサプリメントを紹介しておきます。

身長系のサプリメントでフィジカル面重視でおすすめしたいのは、名前もまさにそのまま、「フィジカルB」というサプリメントになります。

このサプリメントは他のサプリメントと何が違うのかというと、スポーツ色がかなり強いというところがあります。スポーツ系の方々の利用者が多いということと、スポーツの専門家からも高い評価を受けているというのがポイントです。

最近では、他のサプリメントもスポーツ色を増やしてきているところがありますが、フィジカルBはスポーツ系の身長を伸ばしていく、体も同時に丈夫な体をつくっていくというサプリの老舗となっています。

スポーツをやっている子どもへのサプリメントとして要注目のものになりますので、ぜひチェックしてみてください。

→フィジカルBの口コミ記事へ

フィジカルBの口コミ・評判は?このサプリには身長を伸ばす効果があるの?

2019年12月20日

まとめ

ここでは、スポーツを過剰な負荷をかけて行うことによって、左右の脚の長さが違ってしまったり、体の箇所に痛みや不都合ができてしまうということについて書きました。

ニュースでも特集されて、話題になったということもあります。
みなさん今は根性論でスポーツを行う時代ではないということは認識していますが、実際の現場は異なるということもよくある話です。

子どもの成長にあたって、精神面としてはよくても肉体的には過剰な負荷はNGとなることも多いので、この点に関しては十分に注意してもらえればと思います。

子ども時代は身長も含め、体つきも含め、成長する貴重な時期になってきます。完全に大人になってからではもう体つき、身長等は変えることは非常に難しくなってしまいます。

子どもが健全に、理想的に成長していけるように、きちんと見守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です