ストレスが子供の身長に悪影響を与え伸びなくなる可能性がある

子供の身長がなかなか伸びない原因というものは、何かこれだと特定するのは難しいことになりますが、原因の一つとしてストレスというものもあります。

ストレスが子供に身長に悪影響を与え、結果として身長が伸びなくなってしまうという可能性があるという話があるのです。

ここではストレスと身長の関係についての情報をまとめてみます。

身長の伸びに影響する要因はあるのか?

身長の伸びというのは何で決まるのか?ストレスなんかが影響するということはあるのか?

ストレスと身長の話を聞いても、信じる人とそうでない人がいるかと思います。子供時代はある程度のストレスを受けて頑張った方がいいという方もいるかもしれません。

身長の伸びにまずこうしたストレスが影響するのかどうか、これは影響する可能性の方が高いといえるでしょう。

完全に遺伝で決まって他は何をしても関係ないなんてことはなく、実際には栄養・睡眠・運動が大きく関わってくるということが有力な説になっています。

予測身長の計算式なんてものがあったりもしますが、それは遺伝からでしか算出していなく実際は生活環境によって最終身長はかなり変わってくるものになるのです。

生活環境によって変わってくるのであれば、ストレスの量・質によって身長の伸びが変わってくるというのも真実味がある話になってきませんか?

ストレスが体に対して何の影響も及ぼさないなんてことは今では考えられないですよね。

ストレスが身長の伸びに影響する理由

ストレスをためると体によくないという話はよく出てきて、おそらく身長の伸びにも悪いのだろうと思っても、なぜ悪いのかというところまで考えていることは少ないでしょう。

これは成長ホルモンに関係してくるという話があります。成長ホルモンは脳の視床下部(ししょうかぶ)と呼ばれる場所でコントロールされているのですが、この部分には、感情や本能という要素も入り込み、ストレスが影響する箇所になっているのです。

ストレスを受けることによって、この視床下部が影響を受け、成長ホルモンを分泌しにくくなるということがあります。

精神的ストレスで体調が悪くなったりする例は多くありますが、成長ホルモンも同じようにストレスで悪影響を受けるということ。これは理解しておいた方がいいでしょう。

急な環境変化で身長が止まってしまう

身長の伸びが止まってしまった例として、4月の学年が変わったときに影響を受けたという話があります。

学年が変わることによってクラス替えが行われて一緒にいるメンバーががらっと変わってしまいます。

親友といつも一緒にいれたのがクラスが変わって、あまり仲良くしにくくなってしまった。新しい友達ができて、それ自体はいいことではありますが、同時にストレスを感じるようになってしまった。

他にもクラス全員がいい人というわけではなく、苦手な人、イヤな人と一緒になったりすることもあります。そうしてストレスを感じて、身長の伸びが急に鈍化したり、止まってしまうという事例があるのです。

環境変化によってストレスを受けて、それが身長にマイナスに影響してしまったということの証拠ですね。

なかなかこのようなことに対する対処というのは難しいものです。
ストレスを受けないようにしましょうということはできても、黙っていてもストレスはやってくるもの。

まさか学校に行かないようにしましょうとはいえませんし、クラス替えをやめましょうとか、仲の悪い人と出会わないようにしましょうとできるわけではありません。

あまりにすべてのことから逃げるような生き方になってしまうと、今度は学生生活の中で培う経験、忍耐力というものまで失ってしまいます。

問題は過度なストレスを受けないように、上手くコントロールできるかどうかというところなのです。

子供の家庭環境は大事

子供のストレスは身長に良くないということですが、家庭環境によるストレスももちろん影響してきます。

学校生活でのストレスは親にとって、コントロールするのが難しいものになってきますが、家庭環境においては、それはもうほぼ親の責任になりますね。

両親の仲が悪くて子供には良い面を見せないというのも子供からするとストレスを大きく感じてしまうことになります。

子供への愛情不足というのもよくないですね。子供の成長で人格育成面についても何らかの歪みを起こしやすくなりますし、少なからず子供にストレスを与えてしまいます。

家庭環境が悪い家であれば、子供は必要以上に賢く、大人のようにふるまわなければいけないと無意識的に動くようになり、そのことが早熟につながるとも言われています。

早熟ということは大人っぽくなるということで一見良いように見えるかもしれませんが、その時点で身長が止まってしまうというようなリスクもあるのです。

子供を必要以上に叱らないように注意すること

子供が何か悪いことをしてしまった、何かの不注意でよくないことをしてしまったというときに、必要以上に叱るということはよくありません。

子供のストレスが身長に影響するということ、また身長だけの話ではなく、精神面へのダメージとなることはよいことは何もありません。

本当に悪いことをして教育的にそれを注意するというのは大事なことになりますが、叱ることが感情的になって、親のうっぷんをはらすようなことになっていないでしょうか。

頭にきて子供を叱るということがあっても、本当はそのこと一つが原因ではなく、それまでに積み重なった数々のことが原因となっていたりするものです。

それが子供の悪さが積み重なってであれば、仕方ないといえる側面もあるかもしれませんが、実は親が他のこと、普段の生活の中、仕事で受けたストレス、イライラがたまりにたまって子供に当たるきっかけになっているということも少なくありません。

子供に対してのベストな方法は褒める教育であり、成長全体の話としても褒めて伸ばす方がいいものです。身長といった面でも褒める方が伸びていく可能性が高くなるわけです。

何か子供がやったことに対してカチンとくるようなことがあっても、それは本当に教育のためなのか、自分が感情的になっていないか、親自身も振り返ってみることが大事です。

なかなか冷静になるのは難しいところもありますが、子供にとってストレスは大敵で、必要以上に親が家庭でストレスを与えるものではないということで意識するようにしていきましょう。

なんでも話し合える家庭がいい

理想の家庭としてはなんでも話し合うことができる家庭となるのが良いものです。

普段から気ままにコミュニケーションできる場所であるということはストレス解消にもつながります。学校でイヤなことがあっても、家に帰ると楽しくて、理解してもらえる親がいるというのは大事なことです。

何かをいってもまともに聞いてくれない親、すぐに怒られてしまったり、注意してくる親、勉強のことしか聞いてくれない親、何かをいってもすぐに勉強しなさいで終わってしまう親。

そんな親であれば話したいことも話さなくなってしまいます。
言いたいこともいえないで抱え込んでしまうと、それもストレスに繋がってしまいます。

なんとなく黙ったままだと、そのうち子供の方から何も言い出せない、言い出しにくい家庭になってしまいます。

また突然何でも話していっても、親子の関係性が出来上がっていないと、子供は話したがらないものです。

親も毎日仕事であったり、家事であったり、用事やつきあいと忙しいところはありますが、子供と気軽に話すことができるような環境は作っておきたいところです。

無理にストレスの理由を聞きださないようにする

何でも話し合えるような家庭がいいという話を書きましたが、逆に子供から何でも無理に聞き出すというような姿勢もやめた方がいいですね。

非常にデリケートで難しいところになりますが、子供も本当に小さいうちは何でも親に話したかったりしますが、だんだんと大きくなってくると、親に自分がストレスを感じていることを知られたくないと思ったりするものです。

親に弱いところを知られたくなく、強い自分、なんでもない自分を見せたいというような気持ち、こうした気持ちも起こってきます。

こんなときに無理に聞き出そうとすると、これはまた軋轢に繋がったりするものです。なんでも聞き出してくるうざい親になってしまっては、ストレス解消どころか逆に悪影響が出てしまいます。

そういう年頃になってきた場合、なんでも聞いてあげるという姿勢を保ちながらも、無理に話すことはない、気にかけているから話したいときに話すようにするというような雰囲気をつくるのも大事です。

子供とのコミュニケーションが大事ということで、なんでも話すようにと無理に頑張ってしまうと、それもまたよくないということで、本当にコントロールが難しいところですが、そういうことも意識しておきましょう。

最近はストレスが増え身長が止まる原因になっている?

日本人はどんどんスタイルがよくなってきているということが言われていたりもします。

確かに昔に比べると背の高い人が出てきて、脚も長い人も多くなってきていて、かっこよくファッションを着こなしている人が多い風にも見えなくもありません。

これは昔に比べて身長が高くなり、スタイルもよくなっているというのは事実ではあるのですが、実はスタイルがよくなってきたのは2005年までであり、そこからは身長の伸びは止まってしまったというデータもあります。

なぜ今まで伸びてきていた平均身長まで止まってきてしまったのか。それは日本人の限界という可能性もありますが、睡眠時間が足りていない、ストレスが溜まっているという説も出ています。

睡眠時間に関しては、確かに子供なのに夜更かししている人が多くなっているように見えますね。親もそんなに子供を寝かせないで一緒に夜遅くまで遊んだり、一緒に過ごしている人が多くなっているように思えます。

人は夜寝ているときに、成長ホルモンを多く分泌するようになっています。睡眠時間が減るということは、その分、身長を大きく伸ばす時間が減るということで身長を伸ばす機会を失ってしまいます。

そして、ここで問題となるストレスです。ストレス社会、だんだんとひどくなっているようにも思えます。

昔はそんなことを気にしなくてもよかったのにということも問題となったりもありますし、人間関係は子供でも複雑になってトラブルが起こる一方なように感じます。

親子関係も昔と比べてよくなっているのかどうかというと、微妙なところが多いのではないでしょうか。この数年で社会全体の傾向もそんなに良いというわけでもなく、ただ科学が発達しているだけで根本的な教育的な面が改善していないようにも見えます。

子供もどんどんストレス社会が進み、その結果、身長が伸びにくくなってしまっている。

実際に身長の伸びが止まっていることからもストレス社会で子供たちがやられてしまっているということも事実なのかもしれません。

子供だけで乗り越えなければいけない問題も多くありますが、親としても子供にストレスを与えず、また上手く解消できるように心がけていきたいものです。

身長コンプレックスも大きなストレスに繋がる

親が子供の身長を心配することも多いですが、子供自身も身長を心配し、コンプレックスとなることも多いです。

実際にまわりの友達よりも自分の身長が低いと、何かといわれることも多くなりますし、見た目も身長が低いと扱いが悪くなったりすることもありますし、スポーツでも大抵のものは身長が低いと不利になってきます。

いろいろなことが身長のせいで・・・となってくるとどうしても身長に対してコンプレックスを抱きやすくなってきます。

自分の身長にコンプレックスを抱いて、自分でストレスを抱えてしまう。これはますます身長を伸びにくくする悪循環へと入ってしまいます。

身長のことを気にしすぎてしまう、コンプレックスに強く思いすぎてしまうというのは、体の成長にとっても、また普段の行動にとってもマイナスしかありません。

コンプレックスが強すぎると積極的に行動できなくなったり、青春時代を楽しく過ごせなくなってしまって、将来的にも悪い面が見えてきてしまいます。

なるべく身長に悩みがあっても、それをコンプレックスに抱きすぎないように、また前向きに生活していくようにしたいものです。

身長コンプレックスを解消するには実際に身長を伸ばすのが一番というもの。大人になってからであればもうどうにもならない部分が多すぎますが、まだ学生時代であれば少しずつ伸ばしていくことが可能です。

今では身長を伸ばすサプリメントというようなものも出ています。もし親子でともに頑張りたいと思うのであればこのようなサプリを利用してみたり、いろいろと身長を伸ばす工夫をしてみるのもいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です