息子の身長が低くなったせいで親を恨むことに!?親の責任はどうなの?

自分の息子に恨まれるなんてそんな事態は誰もが避けたいですよね。
当たり前のことです。

身長が低いままで終わってしまって、そんなことになったのは親のせいだ!と恨まれたりするのはたまったものではありません。

容姿の問題は難しいもので、 顔は完全に遺伝で決まってしまうでしょうし、身長に関しても遺伝という部分もあります。

子供は与えられた状態で過ごすため、その状態で問題が起こってしまい、親が恨まれるなんてこともないとはいえません。

親の責任というのはどうなのか、何かできることはないのでしょうか。

容姿が影響する面はどうしても大きい

見た目がいい人、悪い人。
容姿の良さというのは本当に人生に影響してくるものになります。

かっこいい男性はそれだけで得しますし、かわいい女性も同じです。
子供の時期だろうと、大人になってからであろうと、見た目がよいというのはプラスの要素にしかなりません。

たまに見た目がきれいすぎるからといじめになるなんて話もありますが、それは例外的な話かつ性格、社交性などの別の問題が関連してくるもの。

一般的に見た目がよいに越したことはありませんし、また見た目が悪い、いわゆる不細工と呼ばれるような人たちはそれだけで損をしてしまいます。

不細工だから信頼できるなんて、よほどのことがない限りなくて、異性にもてるかどうかだけではなく、同性間でも不細工で得をするなんてことはまずないでしょう。

言葉ではいくらでもきれいごとが出てきますし、見た目だけがすべてではないのが事実です。でも、子供時代には社会常識を持った大人よりももっと残酷な面が多く、中身・性格がいいでは済まされない問題があります。

身長が高いとそれだけで有利になる?

容姿に関して、子供時代も大人になってからもよくないと不利な面が多々出てくるということをいいましたが、これはルックスだけの話ではありません。

スタイルというのも大きく見た目には影響してきます。
見ための太さ細さというのもありますし、身長の高さ低さというのもあります。

特に男性の場合は、身長が高い方が有利、評価が高いような傾向が昔からありますね。

女性であれば身長が低くてもきれいでかわいいという見方がありますが、男性で身長が低くてかっこいいなんて見方はまずないでしょう。

ジャニーズのような身長が低くても大人気の人たちもいますので、身長が低いから100%ダメというわけでもなく、ルックスや性格との総合的な魅力というところはもちろんあります。

ただ基本的な面においては身長は高い方が有利でかっこよく見えやすい。またモデル体型になるほど洋服も似合いやすく、見た目が映えるという点があります。ファッション的には女性も身長が高い方がいいですね。

容姿というのは、単純なルックスと身長からなるスタイルという面もあり、これらの良し悪しによって、人生の難易度が変わるということは現実にはよくあることになります。

ルックスがそれほどでもなくても、スタイルが良ければ補えるというような側面もまたあるのです。

息子の背が低くなってしまったのは親の遺伝のせい?

「背が伸びずに低いままで終わってしまった。
こんな状態になってしまったのは、親の遺伝のせいだ。」

そんな風に思われてしまうととてもつらいですよね。
親としても子供の身長を低くしたいと思ってやっているわけでもないですし、見た目もできればかっこよくなってほしいと思っているのが普通です。

遺伝ということであれば、どうにかしたいと思っても変えることができないものになりますし、責任といえば、ないとはいえませんが、努力しようのないものというなんとも微妙な話になってしまいます。

ところが、身長に関しては遺伝だから仕方がないかというとそうではなく、遺伝の影響はたったの20~30%しかないというような説が有力となってきています。

両親の身長が低ければ親も低くなりやすいのか?というとそのとおりであり、身長の高い家系はずっと子供、孫と高い人も多く、また身長の低い家系はずっと低い人が多いというのも事実です。

でも、それが遺伝ということではなく、他の影響も大きいということであればいくらでも挽回も効くということになります。

親の遺伝のせいではないのであれば、後天的になんとかできる要素があるのであれば、対策をしていきたいですよね。

生活習慣がよくないのかもしれません

身長が決まる要因が遺伝の影響がそこまであるわけではないということであれば、あとの要因は何になるのか。

それは、栄養・運動・睡眠ということが基本。このことを基本としてよい生活習慣を持っているか、どれだけ健康的な生活を子供時代に送れているのかということが勝負になってきます。

ストレスを受けすぎたりすると子供の身長が伸びなくなるというような事象もあります。

ストレスが子供の身長に悪影響を与え伸びなくなる可能性がある

2019年11月11日

両親の身長が低くて、子供もなかなか伸びてこないということは、遺伝の影響もありますが、それよりももっと生活習慣がよくないのかもしれません。

子供は小さいときから育っていくまで、自分自身で生活習慣を決めていくわけではありません。

毎日食べるごはんであったり、普段からの就寝時間、日中の行動。こうしたものはだんだん大きくなるにつれて自分で決めていったりしますが、成長途中の大半は親によってかなりの行動範囲が決まることになるでしょう。

親も子供も一緒に偏った食事をしているかもしれませんし、栄養が偏っていることに対しての自覚もないかもしれません。

気が付けば夜更かししていたり、子供と一緒に夜遅くまで遊んでいる、または遅くまで勉強させていたりするかもしれません。

最近は子供は慢性的な睡眠不足になっているという話も聞きます。
昔はとっくに子供は寝ている時間なのに、今はいくらでもやることがある。情報量が増えているのだからやることはやろうとすればいくでも出てくるということもあるかと思います。
ですが、それは子供の成長にとって本当に良いことなのかを考えなければいけません。

身長が伸びなかったことを親のせいとして恨まれるなんてことになったときに、遺伝であればそれはどうしようもありませんが、親が管理できる生活習慣が良くなかったということは、やはり親の責任にもなってしまいます。

身長が低いと大人になってからも悪影響があるかもしれない

身長が低いままで止まってしまったという場合、学生時代の問題だけではなく、大人になってからでも問題は起こってきたりするものです。

学生時代は、まわりと違う要素があると差別・いじめの対象になりやすかったり、身長が低いとスポーツで不利になったりということで、難しい要素があります。

こうしたことは大人になるにつれてなくなってはいきますが、大人は大人でまた別の問題が発生します。

特に男性の身長が低いというのは、女性から見た場合の交際相手・結婚相手の条件として不利になりやすいです。

昔から3高で高学歴・高身長・高収入なんてことが条件として言われてきました。
今ではすべての条件を満たせるという人が非常に少なくなり、条件が緩和されているという話も聞きますが、それでもこの条件は満たした方が良い良いというようなものになります。

身長が高くなければダメだとか人としてよくないとかそういうことを言いたいのではありません。

高い方が世の中を生きていく上で有利であり、そうでなくても、他の要素でどうにかはなるけれど、できるものであれば、まだ成長途中でなんとかなるのであれば、意識しておきたいということです。

就職も見た目は重要項目の一つ

異性との関係についてはどうしても見た目は影響してきますが、社会で生きる上では関係ないでしょ?と思いたくてもそうでないシーンもあります。

就職だって見た目は重要項目の一つです。見た目で差別をしないなんてそれは建前上の話。実際には見た目は第一印象と言葉を変えて大きく影響してきます。

人が会ってすぐの人間を公平に判断するなんてことはできません。印象の良さ、見た目の間違いなく影響します。

スタイルがいい代わりに見た目や態度が悪いではどうしようもありませんが、同じような好印象の場合、スタイルが良い方がよく見える可能性は高いでしょう。

採用した人が、その後営業となったり、社内でもコミュニケーションをとっていくとなると、見た目がよい人の方が仕事上の成果でもよくなるというのは当然のことです。

このような面を見ると身長は社会で生きていく上での重要な要素の一つといえますよね。

たんぱく質を積極的にとることが成長につながる

子供の身長を少しでも理想の高さに近づけるということであれば、一番気をつけたいのが食生活です。

栄養・運動・睡眠が身長に大きく関係するとされる中、どのような栄養をとってきたかということは一番身長の差につながりやすいと考えられます。日本人も食生活が変わってきて、平均身長も変わってきました。

運動量は昔に比べるとどんどん落ちているということを考えると、その落ちた運動量を超えるレベルで食生活が大きく身長に関係するということがわかります。

何をごはんとして用意すれば伸びるのか、厳密に考えていくのは普通の人には難しいものです。

基本的にはたんぱく質を多く摂れるような食生活を送るのがいいでしょう。身長というとどうしてもカルシウムを意識しがちです。

カルシウムも必須の栄養素ではありますが、カルシウムは骨を太くするだけで身長を伸ばしてくれるわけではありません。骨をつくるのは良くても縦に伸びてくれなくては、身長を高くするという点では意味がありません。

たんぱく質は成長ホルモンを促進してくれる役割を持ちます。
骨を伸ばして、体を成長させる最大の栄養素はたんぱく質なのです。

たんぱく質は肉類、魚類、大豆等が多いものとなっています。
米ばかりを食べていたり、ジャンクフードばかりという生活ではなく、しっかりとおかずとなるものを食べるということ。

そうすれば総合的な栄養をとりいれることができるようになります。

欧米の方が高身長の割合が高いのは人種というところもありますが、肉食が中心というところも大きいのでしょう。

たんぱく質を多くとるというのは大事ですが、カロリー面も気を付けていくことも大事です。身長を伸ばすつもりが縦ではなく横に伸び、肥満となってしまったなんてことがないように、栄養バランスとカロリーを見ていきたいものです。

背の伸びが悪いのであれば身長を伸ばすサプリを使う?

背の伸びが平均と比べて悪い、まわりと比べてもうちの子供は結構身長が低く見える。

そんな場合は、身長を伸ばすサプリメントを検討してみるのもいいかと思います。

そんなサプリメントは怪しい、普通の食生活でなんとかしていきたいと考える人も多いでしょう。それはそれでできるのであれば全くかまいません。

サプリメントは必要な栄養をバランスよく取り入れることができるので便利ではありますが、本来は自然に食品から栄養を取り入れたいものです。

あまりに小さいときからサプリメントだけに頼る生活。これはちょっと微妙かなと思える点もあります。

ただ、ある程度育ってきて、それでもやはり身長が低いという場合、そんなときはこれまでの食生活では身長は上手く伸びていかないということです。

急に食生活を変えるといっても、簡単にできることではありませんし、子供が成長できる期間は限られています。

それであれば安心できる身長サプリメントを使って栄養バランスを早急に身長を伸ばしやすい状態に整えていくというのはいいのかなと考えます。

やってみてダメであれば仕方がありませんが、何も対策をしないでそのまま身長の伸びが止まってしまうことを考えると、身長サプリメントでも試せるものはなんでも試した方がいいものです。

良いサプリメントを使うこと

サプリメントを使う場合、最初はやはり有名なサプリメント、インターネット上でも情報があるようなサプリメントを使う方がいいでしょう。

雑誌に出ているだけのサプリメント、楽天・amazon等で販売をしていても、評価・レビューが極端に少ないものは避けた方がいいです。

このようなサプリメントは何が良いのかを見分けるのが非常に難しいですし、販売ページに書いてあることをそのまま信じるというのも危険です。

多くの人が使っていて、それなりの評価が出ているということは、長く社会に受け入れられ、一定の効果が出ているサプリメントであるということ。

そういったサプリメントを選ぶようにしておきましょう。

→身長を伸ばすサプリメントのTOPページへ

親の責任なのに子供の身長を止めてしまわないように

ここでは親が子供に身長で恨まれたりするという話を書きました。

身長は一つの個性であって、人によってバラバラですし高い人もいれば低い人もいます。そのこと自体を本人が受け入れてくれれば、高くても低くてもどちらでもいいわけです。

ただ、本人が納得できない身長になってしまった。それが親がきちんとしていなかったせいだ、となるのは不幸です。

親としては子供が満足できるような状態になれるように、協力してあげたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です