家庭環境が悪いと身長が低くなる可能性がある?身長を伸ばすには?

家庭環境と身長

身長が高い子ども、身長が低い子ども、世の中にはいろいろな子どもがいるわけですが、なるべく身長はある程度の高さにはなってほしいと考える方が多いものです。

身長が低くなるという原因の一つとして家庭環境が悪いと身長が低くなるというものがあります。
もちろん、身長が低くなりやすいということであり、この話は絶対そうなるということではありません。

なぜ家庭環境と身長が影響するのでしょうか?

なぜ家庭環境が悪いと身長が低くなると言えるのか?

なぜ家庭環境が悪いことと身長が低くなるということが関係してくるのか?
これを紐解くと、大半はストレスと食生活というところになるかと考えられます。

家庭環境が悪いということは、それだけ子どもがストレスを受けやすいという環境であるということです。

一言で家庭環境といっても、単純にこれだと定義できるものではなく、それぞれ思い描くものも異なるかと思います。

親がしっかり子どもを見ていないというものもあれば、家庭内暴力というようなものもあれば、厳しすぎる家庭で子どもが委縮してしまっているケース等もあります。

ただいずれも、何か環境が悪いということは子どもにとっては一般的な家庭と比べてストレスを受ける度合いが大きくなっているはずです。
これは身長に影響してくる要素となります。

また、食生活も環境によって悪いということもあるかもしれません。
どういう環境の悪さなのかにこれはよるものになりますが、両親の仲が悪い、すでに離婚している、貧困関連という場合には、食生活も乱れていく可能性があります。

こうした食生活の乱れや生活リズムの乱れというのも身長に悪い影響を与えることになります。

とにかく子どもはのびのびとした生活、良い食生活、規則正しい生活をできるようにしておく必要があります。

早熟は身長にはマイナスということ

家庭内にいろいろと大変なことがある、子どもは早い段階で精神的に早熟していくということになります。

目の前のつらい環境を乗り越えるために、普通の子どもっぽいままではいられないということで、大人のようにふるまうようになっていきます。

また自然と体つきも大人に近づいていきます。
これが問題でもあって、体が大人になるということは、同時に身長が止まるということにもなってしまいます。

早く声変わりが来ると伸びない、初潮がくると伸びないなんてことが言われていますが、これは体が早熟していることになるからです。

完全に大人になるということは成長が終わるということになり、身長もそこで終わりになってしまいます。身長を伸ばすということを考えるのであれば、なるべく子どもの状態のままでいた方がいいということです。

欧米の方の方が身長が一般的に高いですが、これは実は欧米の方の方が成熟していなくて、身長が伸びる時期が長く続いているのです。

ストレスが子供の身長に悪影響を与え伸びなくなる可能性がある

2019年11月11日

家庭環境が悪いと、食生活も悪い?

家庭環境が悪いと食生活が悪いのかどうか。
これは絶対にそうであるとはいえません。

どういう悪さということには種類があって、食事はしっかりと良いものが出されていますが、他の問題があって家庭環境が悪いというものがあるからです。

家庭環境が悪いという中で食生活が悪いというケースもあります。

貧困で家庭環境が悪いということであれば、満足な食事を提供できないこともあります。

また親が子どもを無視しているような家庭であれば、食事もあまり考えられていない適当なものになっている可能性が高くなります。

身長を伸ばすには栄養が最重要の要素となります。
どれだけバランス良い栄養を摂ったかと、身長を伸ばすのに役立つ栄養を摂ったかということが大事になります。

これを満たすことができない家庭であるほど、身長が伸びない可能性は高くなってくるでしょう。

育児放棄や虐待は問題外

育児放棄、虐待に関してはもう本当に問題外です。
これは当たり前ですよね。

完全に親がまともに関与していない状態では自然とストレスも高くなります。虐待はもうどうしようもありません。
こうした過度なストレスは身長の伸びを止めてしまいます。

さすがにそういう親がこの記事をチェックしているなんてことはないとは思いますが、こういう悪影響もあるということは認識しておきましょう。

身長に関しては親の愛情というのも影響してくるものです。
間接的なもので影響しないように見えますが、普段の行いが細かい点でストレスにつながる、つながらないというところで差がついていきます。

ここまでひどいことはしていないとしても、知らず知らずのうちに子どもが何かイヤな思いをしていることがないかということは気をつけた方がいいかもしれません。

本人以外の家庭内暴力も子どもの身長に悪影響を及ぼす

家庭内暴力も子どもの身長に悪影響を及ぼします。
良い影響があるというと思う人はいないでしょうけど、子ども本人にするのでなければ、関係ないのでは?と考える人もいるかもしれません。

ですが、結局身長を伸ばすのに悪いのはストレスです。
学校に通っていても子どもは子どもなりに大変なことがあるのに、くつろいで休むはずの、家庭が落ち着かない空間になっているのはもうそれだけでNGなのです。

目の前で自分ではないとしても誰かが暴力を受けているなんて教育上も全くよくありませんし、ストレスに感じないはずがありません。逆にこれを正しいことを認識してしまうようであればその方が危険です。

悪いことをして叱るのも本当に目の前でするべきなのかどうかというところがありますし、そもそもその原因となる行為に何の正当性もないのであれば、どうしようもありません。

子どもがのびのびを育つ環境を作っていけるように考えていきましょう。

良い親でも貧困で栄養不足になることもある

先ほどの話は変わって両親が良い人達である、性格的には何の問題もないし、子どもとも仲が良いという場合でも、貧困状態であれば、良い食事は用意できません。

日常的な栄養不足が発生するようであれば身長にも影響が出てきます。
お腹がすいていて、食べるものも満足にないというような家庭は日本ではそうめったにあるものではないとは思いますが、食事の質がよくないということは十分考えられます。

おかず類が多くなく、お米やパンの炭水化物ばかりを多くとっているという場合や、お菓子、ジャンクフード類でお腹を満たしているという場合。

もともと生活習慣が良くなく、自覚症状がないけれど実は食生活が悪いということもあり得ます。

今、平均身長が下がってきているということが言われてきていますが、これには貧困も影響している可能性もあるかもしれません。

日本が全体的に貧しくなってきているということがあり、貧困家庭も増えて、食事の質が落ちて、平均身長も下がってきているということです。

確実に結びついているという話ではありませんが、僅かな差の積み重ねが平均身長を下げてきているということで、食生活の悪化はあると言えます。

この状況を改善することはできるのか?

家庭環境が悪くて、身長が伸びないという話ですが、これを改善するのはもう身長の話ではなく家庭環境改善という話になってしまいます。

貧困系で困っている場合にどうするかということを、この身長に関するサイトで一言で言うことはできません。頑張るのも親であって子どもではありませんし、何かをすれば解決というものでもありませんので非常に難しい問題です。

貧困ではなく、性格的な問題でストレスをためているというのは、その状態を改善する、ストレスを無くす方向に動くしかありません。

親が子どもにストレスを与えている場合、今この記事を見ているのが親側であれば、自覚症状はあればいいですが、なければどうしようもありません。

子ども側であった場合は、もうとにかく早い段階で自立することを考える方向になるのでしょう。ただし、その時期には、ここのテーマである身長に関しては微妙な時期になってきてしまいます。

本当に問題のある家庭の場合は誰か相談する相手を見つけるのがいいかもしれません。
自分一人で深く悩んでも解決するものではありませんし、ストレスをより深く感じても何もいいことはありません。

厳しすぎる家庭も子どものストレスに注意

親がしっかりとしていて厳しく子どもを育てている家庭も多いでしょう。
少子化が進むにつれて、一人一人にかける情熱も大きくなり、良い子に育てようと厳しくしているというケースも多いはずです。

この育て方においても、厳しいのは決して悪いことではありませんが、子どもが過度にストレスを受けていないのかについては気をつける必要があります。

結局子ども時代のストレスは成長に影響してきてしまいますし、人格形成にも影響してしまいます。

遊んで勉強しない子どもを厳しくする等ある程度は必要な部分もあるとは思いますが、厳しくすること自体が本当に後に良い人となって育っていくのは相当に怪しい面があります。

身長という面を考えると、家庭内でストレスを感じずにのびのびと過ごせるかどうかということが大事なわけです。

身長を伸ばすためにできることをやるということ

身長が低い、伸びが悪くて悩んでいるという場合はできることをやるということ、これしかありません。

身長は栄養・運動・睡眠の3要素が重要です。そして家庭環境ではありがちなストレスというところ、これが多くないというのが大事です。

まず家庭環境で何か問題がありそうだということであれば見直していくことが大事です。

本当に小さい段階で身長に悩んでいるというのでは病院で診察を受けてみるのもいいでしょう。栄養不足が悩まれるのであれば身長を伸ばすサプリメントを検討してみるのもいいかと思います。

適度な運動ができているか、しっかりと眠れているのか等は誰でもやろうと思えばできることです。こうした部分を見直ししていくことが大事です。

身長が低いからといって必ず家庭環境が悪いわけではない

家庭環境と身長というテーマで話をしたということもあり、身長が低いと何か家庭環境が悪いのでは?と思う人も多いかもしれません。

ただ、これはあくまで一要素でしかありませんので注意してください。
低い=家庭環境が悪いというのは決めつけすぎであり、他の原因がある可能性もたくさんあります。

たまたま身長が低いという人であるだけだったかもしれませんし、遺伝の影響が強かったり、環境が悪いわけではないけれど子ども本人の生活習慣がよくなかったということもあるかもしれません。

何でも決めつけをするというのはよくありませんので、冷静に見ていくようにしましょう。

まとめ

ここでは家庭環境と身長ということについて話をしていきました。

上でも話をしましたが家庭環境と一言でいってもいろいろな要素があり、簡単に紐づけて判断できるものではありません。

生活習慣が悪いだけというものから、貧困の問題がある、親との性格上の問題がある、本人の問題がある等さまざまなケースが出てきます。

身長というテーマでこのサイトは作られていますが、身長単一の問題ではない根本的な問題があるということもあるかもしれません。

その状況に合わせて判断していくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です