身長が低いことはコンプレックスになりやすい 克服法はどんなものがあるの?

身長が低いことはコンプレックスになりやすい 克服法はどんなものがあるの?

身長が低いということ。
これは本当にコンプレックスとなりやすいことの一つです。

男女ともに自分の身長がもうちょっと高ければよかったのになあ・・・
と悩むことが多いかと思います。

どうしてもスタイルの良さというのは身長によって左右される部分がありますし、男性の場合だと身長が高い方がかっこいいなんて雰囲気がありますよね。

ここでは身長に関するコンプレックスと克服法、また身長に悩んでいる場合にどうしたらいいのかということについてお話しします。

コンプレックスとして解消しにくい身長

人はみなさんさまざまなコンプレックスを持っています。

あの人は非の打ちどころがないなんて思っていても、本人はこの部分がコンプレックスだとか思っていたり、見た目ではなくても、仕事であったり、性格であったり、いろいろな悩みがあるものです。

その中でも身長というのは見た目としてはっきりわかる分、コンプレックスとなりやすい要素ともいえるものです。

特に男性の場合、高身長が一つのステータスのような側面があるため、身長が低いというだけで、恋愛等の面で一歩不利的になるとか、微妙なところもあったりします。

そして身長は問題を解消しにくいという特徴もあります。
体重であればダイエットをするという方法がありますが、身長に関しては低いから伸ばしていこうと思っても、大人になってしまうともう遅いですし、本人の努力でできることが限られてしまいます。

身長コンプレックスについてはHUFFPOSTのメディアにおいても記事が出ていました。

参考)HUFFPOST
中3の時、突然身長の伸びが止まった。このコンプレックスと一生付き合い続けるのは、正直、本当に嫌だ
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d16d22de4b03d61163baf62

中身としては23年間の人生でただ1つ、解決できなかったコンプレックスが身長だということで書かれています。

大学時代の身体測定で出た結果が166cmであったということ。
166cmでしたら、そこまでの低さではないという気もしなくもないですが、本人は非常にコンプレックスとなっていたということです。

中学校までは身長が高かったのにも関わらず、中学3年生あたりで伸びがほとんど止まってしまい、同級生に抜かされ、置いていかれる感覚を味わりました。

努力でどうにもできないことだからやっぱり上を見るのはつらい。
こういう気持ちになるそうです。

身長が低くて困っている人は本当に理解できる話なのかなと思います。

ネットで発信してコンプレックスを解消しようとした

このHUFFPOSTで紹介されていた身長コンプレックスを感じている方は、コンプレックスに感じているということをまさに記事で発信することによって解消しようとしました。

コンプレックス企画のブログに応募して、結果こうして自分が身長コンプレックスだという記事を発信することになったのです。

コンプレックスを自分で抱えたままにしておくよりも、あえてそれを公表することによって、自分の中にたまっているものを吐き出してしまうということ。これは一つの解消法としてはありなのかもしれません。

中途半端に自分自身でコンプレックスを隠し持って、まわりの人にも気にしていないと不自然にふるまうよりかは最初からカミングアウトしてしまえばいいのです。

あらかじめ事情を知っている人に対して良心的な人であれば誰も傷つくようなことを言わないでしょうし、理解もしてもらえるというところも出てきます。変な隠し事をしているような気分になってマイナス方面に落ち込んでいるよりも吐き出してしまった方が楽になるでしょう。

実際は身長コンプレックス解消にならないのでは?

この方は、コンプレックスを自ら発信することによってコンプレックス解消を図ったというということになりますが、これは本当に解消になるのか?というと人にもよりますし難しい面もあるかとは思います。

事実として身長が低いということは何も変わっていません。
これが難しいところで、体重が重い人はダイエットで頑張る、勉強が苦手な人はもっと人より勉強して頑張る、楽器が下手な人は一生懸命練習するというような解決に向かって動きだすことができますが、身長はこうはいきません。

事実としてのコンプレックス要素は何も変わっていないので、ちょっと吐き出したからといって、その場だけで結局解決しないということもあるかもしれません。

人によってコンプレックス解決方法というのはさまざまなものがありますので、自分自身の解決法を見つけていく必要があります。

身長を気にしないで個性としてとらえる

身長コンプレックスの克服法の1つ。
それは身長を気にしないで個性としてとらえるということ。

これも言葉の問題で何も解決していないと言われればそれまでです。
ただ、考え方を変えることで、余計なイヤな思いをしなくなるということはあるかもしれません。

身長が低い状態にある自分も一つの個性であり、この個性を含めた上で今の自分が成り立っているということ。

もし今よりも背が高かったり、スタイルが極端に良かったら今の自分は成り立たなかった、今の友達は違っていたかもしれないし、今の仕事とは違っていたかもしない。

すべては個性の一つであり、それを受け入れて今の自分があるんだという気持ちです。

気の持ち方という話になってきますが、余計なマイナスの考えを自分で作らずにすべてをポジティブな方向にもっていくということ。

どうせ事実は変わらないということであれば考え方をポジティブにもっていってもいいのではないでしょうか?

他の人のことを認められる心を持つ

自分の見た目がよい、悪いということではなく、他の人のことを妬みなしに認められる心を持つということ。

これも良い考え方だと思います。

身長が高い人のことを純粋にかっこいいと認め、妬むような考えを持たないということ。

身長だけの話ではなく、顔がかっこいいとか、性格がいいとか、勉強ができるとか、仕事ができるとか、容量がいいとか、自分より優れた能力を持つ人というのはいくらでもいるものです。

それを一つ一つ妬んだところで何かが変わるわけでもありませんし、意味がありません。すごい人はすごい、かっこいい人はかっこいいで素直に認めるということです。

身長に関しても高い人はいいなと思っても、それを変に妬むような必要はなく、あくまで他の要素と同じことの一つでしかないということです。

かっこいい芸能人がいたからといって、その芸能人を妬むなんてことは普通ないですよね。スタイルがいいプロのモデルがいるからと自分が卑屈になることもないわけです。

他人と比べて自分がどうだではなく、良いものは良い、かっこいいものはかっこいいと素直に認めていけば、コンプレックスに関しても余計なものまで持つことにはならないのかなとも考えられます。

モテるかどうかは身長だけでは決まらない

身長に関する悩みとして大きなところに「身長が低いとモテない」という考えがある人は多いと思います。

純粋に自分のスタイル追及という人もいるでしょうが、異性にモテるかどうかということ、身長のせいでモテないのではないかという悩みは出てきて当然のことです。

確かに世の中では背の高い人が好きとか、女性でもある程度のスタイルのいい人が好きだという人も出てきます。身長が高い=スタイルがいいということに結びつくので、どちらかというと身長が高い方が有利になるでしょう。

ただし、異性にモテるのはどうなのかということを見た場合、身長が最終的な要因となることはほとんどないのではとも思えます。

身長が180cmあって全然モテない男性っていますよね。また逆に身長が低くてもいつもモテモテの人というのも多くいます。

ジャニーズ系の場合等、背が低くても異常にモテるような人たちはたくさんいます。

冷静に見て、世の中の人が身長が高い人ばかりが、常にモテているのかというと全くそんなことはありません。

身長のせいでモテないという悩みを持つことが自体が実は間違いということもあるかもしれません。

身長以外の見た目を良くしていくということ

身長コンプレックスの元を考えると、身長が低いことによって見た目が悪くなっているということがあるかと考えられます。

見た目がもしよくなってくれば、身長だけを気にする必要というのはなくなるわけです。

身長が低くても、異性にモテまくっているという人も多くいるわけで、見ためは決して身長だけではありません。

身長は低くても相当な美形であるとか、顔が小さくて全体的なバランスがよくてスタイルがよく見えるとか、髪型がよくて、顔異常に素敵に見えるとか、常におしゃれでいて、まわりから尊敬されているとか、いろいろな見た目の良い要素というものもあります。

見た目をよくするために、もし太っている人であればダイエットを頑張るという方法もあります。
ダイエットをすると体が締まってくるのはもちろん、顔つきに関しても結構な変化が生まれてきます。適切な美容体重をキープできれば理想的な顔立ちになることもできるかもしれません。

また痩せすぎの人も適切な体重にまで上げることができれば、魅力は増してくるかもしれません。

他にも髪型のイメチェンを図る、ファッションを見直してより自分の体形に似合った格好をするようにする、等工夫次第で自分をよりよく見せていくことは可能なのです。

見た目以外の要素で凄い部分をつくっていく

見た目を良くしていけばコンプレックスがなくなっていくということも書きましたが、最終的には見た目だけではなく中身や見た目以外の要素も磨いていきたいものです。

見た目というのは第一印象で重要ということもありますが、どこまでいっても人の本質ではなく、あの人はかっこいいけど中身がダメだ、あの人はきれいだけど性格が悪い、等となってしまえばどうしようもありません。

また、自分自身の得意な分野、伸ばしていける分野をつくるのも大事です。

見た目に関係なく、仕事が相当にできる人は尊敬されたりするものです。
他にも特定分野に非常に詳しくてまわりから尊敬されるような状態にあったりすること、特定の誰にも負けない趣味があること、特定のスポーツが非常に強かったりすること、等自分自身が秀でている分野をつくるのです。

身長を気にしているということとは一見離れてしまうかもしれませんが、このような自分が本当に得意とする分野をつくるということ。
見た目なんかは関係なく人より尊敬されるようなことをつくること。

見た目のコンプレックスなんて吹き飛んでしまうような立場になることもできるのではないでしょうか。

まだチャンスがある人は頑張る

身長に関しては余計なことは気にしないようにしよう、他のできることを伸ばしていこうというような内容を言いました。

ただ、まだチャンスが残っている人にとってはこの限りではありません。具体的には中学生・高校生等、大学に入ったばかりでまだ身長が絶対に止まっているとは言い切れない人。

身長が伸びる可能性が残っているのであればコンプレックスで悩んでいる場合ではありません。まだ伸ばせばその分コンプレックスは解決するのです。

基本的に身長は栄養・睡眠・運動によって影響を受けるとされています。まだチャンスがあるうちにできることをしておくというのが大事です。

今の生活が身長を伸ばすのに適切な生活を送っているのかどうか、身長を伸ばすのにマイナスになるようなことを送っていないのかどうかを見ていった方がいいでしょう。

身長を伸ばすサプリメントというのもあります。
このサイトでも紹介していますので、まだ伸びる余地があるのであれば利用を考えてみるのもいいでしょう。

身長を伸ばすサプリメントNAVI

身長を伸ばすサプリメントについて。中学生・高校生でも身長は伸ばせる?

2019年10月21日

コンプレックスと素直に向き合う

ここでは身長のコンプレックスを感じている人への克服法等について述べました。

身長を伸ばせる人は伸ばす努力をした方がいいですが、もう難しい人。そういう方は別の方向性の努力をして身長ではない部分でカバーしていくということを考えた方がいいでしょう。

一番は自分のコンプレックスと素直に向き合うということです。
ただコンプレックスがあるということで一人でウジウジしていても、悩んでいても何か解決につながるということはありません。

思い切って人に話すことで自分が楽になるかもしれませんし、それ以外の分野で伸ばしていくことを考える、自分自身の魅力はどこにあるのかを見つめ直してみるのも大切です。

見直すことによってそんなに悩むほどのことでもなかったという結果が出るかもしれません。

また今現時点で魅力がないと思っても、今後魅力がある人になっていけばいいのです。どういうことをすればいいのか、自分のコンプレックスを解消するために何ができるのか、しっかりと自分自身と向き合ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です