低身長だからといって治療が受けられるわけではない?低身長の目安

うちの子供が低身長だから治療を受けさせたい。
低身長ということで調べてみると、病院での治療が出てきますので、治療ってどうなのかな?と考えることもあるかと思います。

低身長といっても人によってどのくらいが低身長かと感じるのが異なっていて、実際には治療の対象外であったりする場合も多いのです。

ここでは低身長と治療の関係について説明します。

実際の低身長とはどの程度のことをいうの?

子供の身長が低くて困っている。まわりの同級生の子供と比べるとずいぶん低い・・・といっても、実際に何cmからが低身長と定義されるのでしょうか?

医学的な範囲で低身長というのはデータが出ていて、以下のような身長となっています。

引用:子供の身長を伸ばすためにできること 著者:額田成 より

 

このデータを見ると、思ったよりもかなり低い水準と感じる人もいるかと思います。

身長には当然個人差があって、他の人より低くかったり、平均よりも低いとずいぶんと低く感じるものですが、このデータよりは高い人がほとんどではないでしょうか。

実際に治療の対象となる身長は、クラスでいうと身長が最大で考えても前から2~3番目程度までの人であり、それ以上の人はただまわりと比べると身長が低いというだけであり、治療を必要とする人ではありません。

低身長の治療はいつからできるもの?

低身長の治療はいつからできるのかということですが、医学的な治療を受けるということであれば、大体5~6歳頃であると言われています。

低身長が明らかになってくるのは3歳くらいでもわかりますが、その段階で判断できるのかというところと、本人が治療を受けられるのかという問題が出てきます。

明らかにまわりと比べて低いという自覚ができて、子供本人もやる気が出てくるとされるのが、5~6歳くらい、小学校に入るくらいとなってくるのでしょうか。

治療の方法としては成長ホルモンの投与を行うことが一般的であり、注射も行う必要も出てきますので、本人のやる気もないと厳しいというところも出てきます。

※あくまで一般的な治療の話であり、すでに医者と相談している場合はその指示に従うようにしてください。

この範囲に該当しなかったら対策しなくていい?

低身長の範囲はどこからなのかというデータを見せましたが、その範囲にはとても当てはまらないという人の方が多いはずです。

17歳身長で男性158cm、女性147cmというものを見ると、かなり低い身長で一般的な低いと言われるレベルはもう少しこの数値よりも高かったりするものです。

ではこの範囲に該当しなかったら対策をしなくてはいいのか?というとこれはまた別の問題になります。

医学的な治療としてはしなくてもいい、医者側で受けさせてくれないということが起こりますが、本人の身長は低いままで止まってしまう可能性があるわけですので、何もしないより何らかの対策をした方がよいというものです。

必ずしも治療をしなくても身長を伸ばすとされる方法はありますので、そうした方法を試したり、日々の生活に気を使っていくようにする必要があるでしょう。

医学的な低身長と現実の低身長は異なる

身長の伸びに関する対策をするべきかしなくてもいいのか。これは本人の意思という面もありますが、医学的な面と、実際に身長が低いとされる範囲はかなり異なるというものになります。

別に身長の治療までしなくても、問題ないでしょうと言われても、成人レベルで男性で158cm、女性で147cm。この身長が本当に問題ないのかというと問題に感じる人も多いようにも思えます。

確かに生きる分には何か重大な欠陥があるというわけではありませんが、本人の人生の満足度的な部分で変わるものは出てくるはずです。

医学的にはよくても、やはりスタイルはいい方がいいに決まっていると感じる人が多いでしょうし、コンプレックスに感じる方も多いかもしれません。

恋愛であったり、就職であったりとライフイベントで身長のせいで損をするということもないとはいいきれません。

特に男性の場合は深刻となるケースもあるかもしれません。女性の低さはあまりに過剰でなければかわいいで済むかもしれませんが、男性で身長がかなり低いのは、恋愛であったり、婚活的な部分でマイナスポイントとなることが多いです。

仕事でも営業職で見ためも大事な要素の一つというところも出てくるかもしれません。凄く高い身長である必要はありませんが、低すぎるのはデメリットが大きいと思われます。

こうした面を考えると、やはり対策はしておいた方がいいと思うのです。

基本的に低身長の治療を受けるのは難しい

低身長と思っているから治療をぜひ受けたい!
本気度が高い方は、専門のクリニックに相談した方がいいと思いますが、基本的に低身長の治療を受ける、続けていくことのハードルは高いです。

まず、低身長と医学的には判断されなくてそのクリニックでは治療が受けられないということもあります。
納得いかない身長であっても、クリニック基準では十分と判断されるケースです。

またハードルが高いということの理由として、治療方法と費用の問題があります。

成長ホルモンの投与ということで注射を使うようなケースで毎日注射をするとなると、当然子供にとってはかなりの負担となることが想像できます。

費用もその年齢時期や方法によって異なりますが、毎月高額の費用がかかることも少なくありません。
毎月数万円~10万円以上がかかるとなると、誰もが簡単に伸ばしたいからやってみるとはできるレベルになってくるのではないでしょうか。

本当に身長が医学的にも低く、治療せざるを得ないケースであったり、スポーツ選手を目指す等で身長が人生に直接的に影響する等の特殊なケースもあるかと思います。

ハードルが高いと言いましたがもちろんやりたい人、やるべき人は相談すべきです。ここでは一般的な話について述べているだけで、医学的見解ができるわけではありません。

本気で治療をと考える人は医者に相談しその上で決めるようにしていきましょう。

自分自身でもアルギニンを摂ることは可能

低身長に対しての治療ということであれば、そのクリニックによって対処方法は異なりますが、成長ホルモンの投与、身長を伸ばすとされるアルギニンの成分を投与することが多いようです。

成長ホルモンに関してすべてのことが自分でできるわけではありませんが、アルギニンであれば自分自身で摂るということは可能です。

アルギニンは、アミノ酸の一種であり、通常食べる食事からも摂れているものになります。

特に、肉類、魚類、大豆製品に豊富に含まれるものです。
食生活を見直して、アルギニンであったり、他にも身長を伸ばすために適切な栄養バランスを整えていけば、治療ほどではないにせよ、身長を伸ばすことに役立つ可能性は高いでしょう。

サプリメントであればより簡単にアルギニンを摂取できる

アルギニンを多く摂りたいと思っても、食生活を変えるといってもそれは結構難しいものです。

子供の食事を考えるのは大人の役割ですが、そんなに毎日栄養バランスを考えて適切な食事を用意できるかというと、忙しい人も多い今、難しかったりするものです。

子供の好き嫌いの問題もあります。なるべくいろいろなものを食べさせたほうがいいですし、好き嫌いは無くすように努力すべきですが、それでも難しいということもあります。

小食でなかなか食べてくれないという場合もあれば、おやつは食べてもごはんのおかず類はなかなか食べてくれないという場合、食べ過ぎくらいにまで食べても栄養が偏っている等さまざまな問題が発生します。

どの状態が適正なのかというのを親が判断するのも難しいというところもあります。

給食メニュー等のように完全に栄養がコントロールされているものでもない限りきちんと栄養バランスを見ていくというのは限界があるものになります。

それであれば、身長を伸ばすサプリメントを使ってみるというのも一つの方法です。

昔はサプリメントなんてというような雰囲気もありましたが、今では子供用のサプリメント、身長を伸ばすサプリメントを飲んでいる家庭も多くあります。

アルギニンを専門に多く摂れるサプリメントとなるとドクターセノビルのようなサプリメントもあります。こうしたサプリメントを使うことを検討してみるのもいいかと思います。

身長を伸ばすのはアルギニンだけではない

身長を伸ばすのには成長ホルモン、また成長ホルモン分泌を促進させるためにアルギニンを、と考えてしまいがちですが、身長を伸ばす方法はアルギニンだけではありません。

アルギニンだけを摂っていても他の栄養バランスが良くないと身長は伸びないという説も有力なものとなっています。

基本的には身長を伸ばすのには栄養・運動・睡眠の3要素がしっかりとしていないといけません。

また姿勢が悪い、猫背になっている、O脚になっているというようなことも身長の伸びを悪くする要因にもなりますし、実際に曲がった姿勢は実際の身長よりも縮めてしまいます。

姿勢矯正に関しては子供にかかわらず大人でも直すことによって身長を伸ばすことが可能になりますので気になる方は試してみることをおすすめします。

身長を伸ばすにはアルギニンを摂るということも大事ですが、それはあくまで大事なことの一つであり、総合的にバランスを整えていくということが重要なのです。

おすすめのサプリメントについて

サプリメントで栄養バランスを整えるという方法は良い方法だと考えます。

具体的にどのようなサプリメントがいいのか、これもしっかりと選ぶことが大切です。最近はサプリメントも乱立しており、どれが本当に良いものかがわかりにくくなっています。

最近はハイレベルのサプリメントが増えており、大体のものは安心して飲めますが、ひと昔前は本当に怪しいようなサプリメントが溢れていました。

今でも選び方によっては実は全く売れてもいないような不人気のサプリメント、成分が本当に有効か怪しいものを選んでしまうかもしれません。

おすすめのサプリメントとしては、アルギニン重視としてはドクターセノビルのようなサプリメントがあります。

ただし、アルギニン重視が必ずしもいいとは限りません。全体バランスの有効性というものもあります。またドクターセノビル自体も他のサプリメントと比べると価格はやや高いものになってしまいます。

子供もすでに大きくなってきて中学生・高校生くらいとなってくると今度は異なる栄養が必要となってきたりするということもあります。そういった中高生用ということであればプラステンアップというようなサプリメントも存在します。

その子供の状態に合わせて必要なサプリメントというのも異なってきたりするものです。

サプリメントのおすすめについては現在トップページにて紹介していますのでこちらもチェックしてみてください。

→おすすめの身長を伸ばすサプリメント

サプリメントは効果がない?実際はどうなの?

サプリメントで身長を伸ばすことについては効果がないというような声もあります。

身長を伸ばす治療を行っているクリニック側からもサプリメントは効果がないというようなことを言っているところもあります。

これは実際のところ、あくまで成長ホルモンを直接的に投入するような治療と比べると効果の程度は低めになるということであり、サプリメントでも効果を感じている人はたくさんいます。

ただ個人差は多いということ、絶対ではないというところもあります。
サプリメントの種類によっては、効果が薄いというものもあるでしょう。

本当は医療行為として治療を行った方がよいとしても、実際にはすでに書いたとおり、治療の対象としての身長ではなかったり、注射等が子供にとって大変であったり、費用が大変であったりと、ハードルが高いというのが現状です。

サプリメントであれば、ある程度のお金はかかるとはいっても、現実的な範囲で成長を促進できるというところがあります。

栄養が人の成長に関係して、最終身長が変わってくるという事実がある以上、それは通常のごはんによってでも、サプリメントによってでも同様に影響があるはずです。

子供の身長に悩んでいる、子供自身も身長をもっと伸ばしたいという意思があるのであれば、良いサプリメントを探してみることから始めるのもいいのではないでしょうか。

プラステンアップの口コミは?実際に飲んだ結果もレビューします。

2019年10月28日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です