身長を伸ばす運動、トレーニングとは何がある?専門家の意見

身長を伸ばす運動、専門家の意見

身長を伸ばすのに大事なことというのは調べるとたくさん出てきます。
その中で運動というのも身長を伸ばすことのできる一要素とされています。

運動をすることによって少しでも身長が伸びるのであれば興味がある、ぜひやりたいという人も多いのかなとは思います。

今回は身長を伸ばす運動ということで専門家の方が良い方法を掲載しているものを見つけました。

その内容とともに身長を伸ばすこと全般についてお話ししていきます。

身長を伸ばすのに重要なことの基本

身長を伸ばすのに重要なもの。
それは栄養・睡眠・運動の3つであると言われています。

細かいものは他にもあるかもしれませんが、基本はこの3つ。

栄養のあるものをよく食べて、睡眠時間をしっかりととって深く眠る。
そして適度に運動するということで身長が伸びていきます。

体が成長して身長が伸びるというのは、人としての基本的な能力になりますので、健康的な生活を送っていればそれだけ伸びる可能性が高まるということになります。

運動に関しても、無理に体を酷使するような方法ではなく、自然と体に刺激がくるような適度な運動をして、足等に刺激を与えると伸びやすくなるのです。

一般的にはバスケットボールやバレーボール

身長を伸ばすのにどのような運動が優れているのかということですが、一般的にはバスケットボールやバレーボールがいいといわれています。

なんとなくバスケやバレーをすると身長が伸びるという話を聞いたことがある人も多いかもしれません。

その理由としては、スポーツの特性上多くのジャンプをするということで、足に刺激が行きやすいということ。

また基本身長が高い方が有利になりやすく、体が上へ上へと伸びながらボールを追うというところもあって、自然と伸ばしやすい状態をつくりやすいと考えられます。

これらのスポーツをすると本当に身長が伸びるのかどうかということに関しては疑問というものもあります。

最初から身長が高い人が集まっている、身長が高い人が有利なので自然と競技の中で生き残るだけで、スポーツ自体に伸ばす効果はないのではという説もあるようです。

身長は何によって何cm伸びたかというのを測定することができませんし、はっきりしないところもあります。

ただ少なくとも足に刺激を与えたりジャンプをするというのは身長を伸ばすのに良い効果を与えると言われています。

専門家の方の推奨する運動

今回は身長を伸ばす運動について専門家の方が推奨する運動を紹介している記事を見つけました。

成長期の今がチャンス!強いカラダをつくる12のカギ 第1回「身長を伸ばすカギ」
https://www.softtennis-mag.com/20160323-252/

ここで紹介されていた身長を伸ばす運動というものは以下のものがありました。

身長を伸ばす運動
・スクワット 30回 3セット
・なわとび 100回
・自転車 20分
・けんすい 10回 3セット
・ハイジャンプ 左右交互に20回
・もも上げ 左右交互に20回

このような具体的な運動が示されているとわかりやすくていいですよね。
足に刺激のある運動であったり、バスケットボールやバレーボールと言われも、そう言われても簡単にできない・・・という人もいるかと思います。

今回の内容であれば誰でも簡単にできるのではないでしょうか。
難しいスポーツでもありませんし、これらができないという人は身長を伸ばそうという人にはいないかと思います。

これで身長が1cmでも伸びるのであればぜひやりたいと思うところでしょう。

基本は跳んだり跳ねたりするスポーツ

基本的に跳んだり跳ねたりするようなもの、足に刺激がいくようなものが良いといわれています。

今回も
・なわとび 100回
・ハイジャンプ 左右交互に20回
なんてのはまさにジャンプというわけで、バスケットボールやバレーボールと似たような要素が得られるということになります。

このような話がきちんとした専門家の情報としても出てくるのは心強いものがあります。本当にジャンプをして身長が伸びるのかということに対する疑いもあったりしますが、専門家の発言としてあるなら試してみてもいいですよね。

そして、
・もも上げ 左右交互に20回
これもジャンプの応用というところになるかもしれません。
やや意外性はあります。

縄跳びは外でないとおそらくできないでしょうし、ハイジャンプもマンションに住んでいるような人だとちょっと家の中ではやりにくいでしょう。
でも、もも上げであれば、結構どこでもできそうですよね。

今回出てきたかなり意外と思えるものが
・スクワット 30回 3セット
・自転車 20分
・けんすい 10回 3セット
でした。

特にけんすいは意外です。足への刺激が薄いものかなと思えるからです。腕にかなりの負荷がかかりますが、腕が伸びる?というのも変な話ですし、体全体への影響を出してくれるのでしょうか。

可能性としてはけんすいでぶらさがることにより背筋がきちんと伸びる、姿勢が矯正されていくということで身長が伸びやすい体制が作られるということ。そのときに力をかけているので成長ホルモンの分泌と体への行き渡り方として良いのかもしれないとうところでしょうか。

けんすいが何故良いのかについての理論についてはここでははっきりとした答えは出ていなかったのでこれは推測になります。

この中であれば身長を伸ばす行動としてはけんすいをしてもいいですが、あえてけんすいだけをし続けるという必要性はないのかなとも思います。

自転車などは本当に日常生活の延長上でできてしまいますよね。
運動をする場所がない、していると目立ってしまってやりたくないという人もいると思いますが、自転車であれば完全に日常生活。

自転車に乗って長い時間走り回っていたとしてもあまりにも普通なので何も問題はないでしょうし、身長だけではなく持久力トレーニングやダイエットという面でも良いものになるでしょう。

家でもできるというのは大きなメリット

今回の身長を伸ばすための運動としては、家でもできるものがあるというのは大きなメリットです。

スクワット、もも上げは自宅でできます。
日常的に筋トレをしている人もいるかと思いますが、そういう方は筋トレの日常メニューの中に取り入れればいいですよね。

また筋トレをやらない人もこれくらいはやっておいた方がいいでしょう。
身長を伸ばすという目的もそうですし、体力づくりもそうですし、ダイエットを考えている人であってもきれいな体をつくるのに筋肉は必要です。

スクワット、もも上げくらいであれば男女ともにできるでしょうし、身長を伸ばそうとする若い時期であればやっておくようにしましょう。

そんなにハードなセットをやろうという話ではなく、軽く汗をかく程度のものになるかと思います。

これくらいであれば疲労感もないでしょうし、体力の向上によるプラスメリットの方が多そうです。

どのくらい運動で効果があるのかということ

この運動によって身長が伸びるということですが、どのくらいの運動でどれくらいの効果があるのか。

この答えを出すのは非常に難しいところです。
今回の専門家の話としてもどのくらい効果があるかは出てきていません。

ただ必要な量としては、そこまでの運動量が求められているわけではないことがわかります。

決して汗だくだくになるまで運動し続けたり、ものすごい筋肉をつけることを求められているわけではありません。
誰でもできる程度のものが求められています。

むしろ過剰すぎる筋トレは身長にはNGといわれています。
筋トレも自重トレーニングといって自分の体のみで行うのはいいですが、器具を使ってハードな重さを持ち上げる等はマイナス効果があるかもしれないといわれています。

またあまりにもハードな運動をした場合、エネルギーが疲労回復に使われてしまい、身長が伸びにくくなるというような説もあります。
ハードな運動をしてはいけないというよりは、ハードな運動をする場合は、きちんとしたコーチの指導を元にやるべきで安易にやるべきではないということです。

身長に関して日常的な運動を延長レベルでいいということになりますので、無理をしない範囲で続けていくのがいいでしょう。

身長が伸びる可能性がある時期にただダラダラと家で何もしないで過ごすということをないようにしましょう。

基本的には栄養と睡眠の方が大きいのではないか

身長を伸ばすのに大事なことは栄養と睡眠、運動ということを言いました。

効果の大きさを考えると、実は栄養と睡眠の方が大きいのかなと思われます。

運動は激しいのを求められているわけではないということがありますが、逆にいえば頑張ったからといって、そこまで大きな効果が出るわけではないということもいえます。

身長が高い人が全員運動部であったり、有力スポーツ選手なのかというと全くそんなことはありませんよね。

文化系部活の出身者でもかなり背が高い、スタイルが良いなんて人はいくらでもいるわけです。
運動が相当な成果を左右するとはとてもいえないでしょう。

気軽にできることだからこそ、やっていないのであれば全員にやってほしいけれどもそこまでの効果が期待できるわけではないというのが運動なのかなというところです。

睡眠は自分自身でコントロールできる

効果が大きいものとして睡眠がまず一つということですが、身長が高い人の話を聞くと、成長期はよく寝ていたという人が非常に多いです。

実際に睡眠中に成長ホルモンが多く分泌していることも証明されています。

夜更かしが激しくて生活リズムが乱れていたという人は身長が低くなりやすい結果にもなっていまs。

睡眠というのは最終身長をそれなりに大きく左右する要素であると考えられます。

睡眠のいいところとしては自分でかなりの範囲のコントロールが可能ということです。眠れない等の悩みがある人がいないとはいいませんが、成長期時点において、眠りで困るという人は少ないでしょう。

それよりは、夜更かし等で時間を削って睡眠時間が少ないという人の方が多いのではないでしょうか。

自分で意識して早寝早起きをする。夜遅くまでスマホを見ない等工夫することで睡眠時間や睡眠の質は改善でき、身長を伸ばすことにつながります。

栄養は場合によってはサプリメントで

栄養が身長に影響する影響。これは身長を伸ばすという中では一番大きなものだと考えられます。

日本人の身長というのもその時代に合わせて変化していったりしているのですが、食生活の変化の影響というのが非常に大きくなっています。

成長期のときに良いものを食べている、栄養のあるものをしっかりと食べているというのは体の成長の促進の差に直接的につながっていきます。

普段から栄養不足の時間のある方は見直してみるといいでしょう。

この栄養不足を補うには、普段からの食生活を見直すというのは一番いいことですが、なかなかそう簡単にできるものではないというところもあります。

そうした方におすすめしたいのがサプリメントによってカバーするという方法です。最近では効果があると評判になるようなサプリメントも多く出てきています。
ぜひ一度身長を伸ばすサプリメントもチェックをしてみてください。

→身長を伸ばすサプリメント

身長を伸ばすサプリメントNAVI

身長を伸ばすサプリメントについて。中学生・高校生でも身長は伸ばせる?

2020年5月4日

運動もやれるだけはやった方がいい

運動についての効果は栄養や睡眠ほどは大きくないのではという話をしましたが、だからといって運動の部分を無視していいというわけではありません。

すでに上で書いたとおり、身長を伸ばすのによいとされる運動をやるのは結構簡単です。こんなことは大変で毎日できないとかではなく、普段の軽い筋トレの一環としてできてしまうものです。

効果が未知数とはいえ、これをやるかどうかで最終身長が数cmでも変わるのであればやらない理由はないのではないでしょうか?

今身長がまわりよりも大きくて何も心配していないということであればわざわざ考えることはありませんが、おそらく今この文章を見ている方というのは自分か子どもの身長に関して不安を持っているという方が多いはずです。

身長はまわりとの比較になりますし、数cm違うだけでもかなり印象は変わってきます。やれることはやっておいた方がいいですよね。

まとめ

ここでは、身長を伸ばす運動ということで専門家が書いていた方法があったため取りあげてみました。

具体的な方法が書いてあると安心してそのことを実施できますよね。
ネットにあふれている本当かどうかわからない伸ばす方法を試すよりもこのような方法を試す方が伸びる可能性は高いでしょう。

また運動であれば身長だけにかかわらず健康面でも体力増強や将来の健康という点でも良いものになり、問題は一切ありません。

身長を少しでも伸ばしたいと考えているのであればぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です