有酸素運動で身長が伸びる?身長を伸ばすのに良い運動について

身長を伸ばすためにどんなことをすればいいんだろう?
身長の伸びに悩んでいる人にとっては、何をすればいいのかというのはなんとしても知りたいことだと思います。

身長を伸ばすのに有効なことを調べていると「有酸素運動が身長に良い」という内容が書かれているものを見つけました。

有酸素運動であれば誰でもできるものになるかと思いますが、本当に有酸素運動は身長を伸ばすのに効果があるようなものになるのでしょうか。

ここで詳しく見ていきたいと思います。

身長を伸ばすために必要なこととは

身長を伸ばすためにはどのようなことが必要とされているのでしょうか。

身長には遺伝の要素というのもありますが、それ以外にも後天的な要素も多くあると言われています。

一般的には身長を伸ばすには栄養・運動・睡眠が重要となっています。
身長を伸ばすのに良い栄養をたくさんとって、たくさん運動して、よく眠ること。健康的な生活の基本ともいえるようものですね。

運動が身長を伸ばすのに大事なこととして入っているのですが、具体的にどのような運動なら身長を伸ばすのに効果があるのか、有酸素運動はどうなのかを知っておく必要があります。

一般的に良いと言われる運動

まず一般的に身長を伸ばすのに良いとされる運動。
これはバスケットボールやバレーボールがあります。

他にもジャンプをする運動、縄跳び等が良いと言われてたりもします。

バスケットボールやバレーボールの選手は身長が高い人が多いですよね。身長が高いから選手になるのか、活躍して目立ちやすいのか、それともバスケットボールやバレーボールをやっているから身長が伸びるのか。

これはどちらなのかということははっきりしていませんが、小さい頃からやって身長が伸びていく人もいますし、少なくとも身長に良いスポーツであることは確かです。

なぜかというとジャンプによる縦の運動をすることによって骨が刺激され、また特に足の骨に刺激が行くのが良いとされています。

体が成長する時期にその場所に刺激があるということはいいことで、成長ホルモンの促進を促し、骨が成長しやすくなるのです。

バスケットボールやバレーボールはもともとやっている人ならいいですが、身長を伸ばすために新しく始めるというのはちょっと難しいかもしれません。

そのような方は縄跳びでもいいですし、飛ぶという基本的な行動が意味があるので普通にジャンプをするだけでも意味があるとされています。

本人の趣味の問題もありますし、いくら身長が伸びやすいといってもバスケやバレーをやりましょう!なんていうのはちょっと無理がありますよねー。

有酸素運動は身長にとって良いのか?

次に有酸素運動。今回のテーマのところになりますが、この有酸素運動は身長にとっては良いのでしょうか?

一部の方に、走ったりすることで、身長に悪い影響があるのではと心配する人がいるようです。ですが、その心配はいりません。

通常のレベルの有酸素運動である限り、身長の伸びには良い影響を与えます。

有酸素運動の場合、一酸化窒素が血液中にたまっていきます。
この一酸化窒素は成長ホルモンの分泌を促進させてくれます。

ジョギングやランニングでは、足を使うことによって足に刺激が行くので伸ばしやすい体制が整ってきますし、成長ホルモンを促進されより伸びやすくなっていきます。

有酸素運動だけが伸びるということではなく、もちろんバスケットボールでもバレーボールでもOKです。同じように他のスポーツでも効果はあります。

要するに何もしないよりも何か体を動かす、継続的に動かすという作業をした方がその分成長ホルモン分泌が激しくなり、身長が伸びる可能性が高まるのです。

お腹が減って食欲が増すので栄養も摂りやすい

有酸素運動をするとカロリーも消費しますし、お腹が減ってきます。
お腹が減るということはそれだけ食欲が増してごはんを食べやすくなります。

ごはんをたくさん食べられるようになれば、その分栄養をたくさん摂れるようになります。

量が食べられないのでその分身長が伸びにくいという人も結構いるものです。大人になると、太りやすくなりますし食べにくいということもありますが、成長期の人にとってはとにかくたくさん食べて栄養を取り入れなければいけません。

もちろんこれはおやつではなく主食のごはん、おかずというものです。
栄養のあるものを食べないでお腹を膨らませても意味がありません。

食べ過ぎもよくありませんとは言いますが、有酸素運動をしてお腹をすかせてその分多く食べるというのは健康的であり、良い栄養を取り入れ、身長を伸ばすための好循環になるかと考えられます。

十分な睡眠をとりやすくなる

有酸素運動をするとエネルギーを使いますし、疲れますので、夜の睡眠についても十分な睡眠時間、深い睡眠をとりやすくなります。

運動しないでだらだら過ごしていた日というのは眠くなりにくいですし、眠っても浅い眠りになるものです。

おもいっきり日中に動いて疲れたとなって、その疲れを回復するためにたくさん眠るということ。

こうすれば良い睡眠がとれますし、身長も伸びやすくなります。
成長ホルモンは深く眠っている間にも多く分泌されるのです。

ストレス解消にもつながる

有酸素運動をしているとそれだけでストレス解消にもつながります。
運動をしている間も気持ちが盛り上がってきますし、終わった後もすっきり感があります。

中には運動なんてやりたくない、大変なのはイヤだと思う人もいるかもしれませんが、やってみると意外と気持ち良いと思うものです。
そうでなければこれだけジムに通ったりする人が多くはなりませんよね。

普段イヤなことがあったり、気が滅入るようなことがあったとしても、運動をすることによって気分が晴れやかになってストレスも吹き飛んでくれます。

ストレスが解消されるというのでそれだけでも十分良いことですが、身長を伸ばすということにもつながります。

ストレスを抱えていると、それが原因となって成長にも悪い影響が出ると言われています。生きていく上である程度のストレスは絶対にあるものであり、必要なものでもありますが、有酸素運動をすることによって解消できるのであれば、なるべく解消した方が良いというものになります。

ストレッチも忘れずに行うこと

運動をする際にはストレッチも忘れずに行うことです。
運動をすることで思わぬダメージを防ぐということもありますし、それだけではなく、運動とは別で健康的な効果であったり、身長を伸ばす効果もあります。

身長を伸ばすには体が柔らかい方が有利です。
体が硬い状態だと、栄養分が体全体に届きにくく、身長が伸びにくいということも言われています。

身長を伸ばすのには体への刺激も大事になりますので、体が硬いというのはそれだけでマイナスです。体全体が上手く使われている、適度な刺激を受けている状態をつくるためにもストレッチもやっておくようにしましょう。

中年を過ぎてもランニングで背が伸びたという話も?

有酸素運動の一つであるランニングを行うことによって中年を過ぎても背が伸びたなんて話がありました。

参考)All about 中年過ぎてもランニングで背が伸びる?
https://allabout.co.jp/gm/gc/213762/all/

40歳、50歳とだんだんと身長が縮んでいくのが普通という中で、ランニングをしていると縮むどころか1cm身長が伸びたということです。

1cmなので、そこまでというわけではありませんが、縮んでいないだけでもすごいことです。

これはランニングで刺激を受けて成長したという可能性が絶対にないとはいえませんが、それよりは走ることによって、骨が矯正されて、曲がっていたものがなくなり、その分伸びたことが考えられます。

人は長年生きているだけで姿勢が歪んできますので、このような運動をして矯正するのは良いことです。

ランニング等の有酸素運動でなくても、ヨガをやって身長が伸びたという例もたくさんあります。姿勢矯正が上手く可能性が大きいようです。

ヨガで身長が伸びるというのは本当なの?身長が伸びた事例をチェック

2020年1月5日

身長を伸ばすのにダメな運動

身長を伸ばすのに有酸素運動が良いということを言いましたが、逆に身長を伸ばすのにダメな運動というものもあります。

それは異常な負荷が体にかかる運動。例えば器具を使った筋トレ等です。

部活動レベルの筋トレであれば、むしろ成長ホルモン分泌が促進され良い影響を与えることはできるかと思われます。そうではなく、バーベル等を使う、マシン等を使った筋トレは過剰に負荷がかかり、身長が伸びなく原因を作るとも言われています。

本当に高度なレベルで競技をする場合は、必ず良い指導者からのアドバイスを受けて適切に運動をするようにしていきましょう。

場合によって身長の伸びを犠牲にして勝負するということもあるかもしれませんし、それを選ぶのは個人の自由ですが、何もしらずにハードすぎるトレーニングを行うことは危険です。

マラソン並のハードなランニングはNG

有酸素運動としてランニングがいいといっても、あまりにもハードなランニング、マラソン並のレベルの運動というのは考えた方がいいです。

体が疲労しすぎると栄養分が体力の回復に使われて身長を伸ばす方まで行き渡らないという話があります。

これがどのレベルなのかというのははっきりしませんが、何事も極端すぎるのはよくないということです。体を鍛えたり運動をするのは健康的な効果がありますが、マラソン選手の体が限界までに酷使しているように、危険な点が出てきます。

基本的にはウォーキングや軽いジョギング、気持ちよい汗をかいて終わりレベルのジョギング。このくらいであれば問題なく身長を伸ばすのにも良い影響を与えてくれるでしょう。

何事もほどほどが大事ですね。ついつい熱中してやりだすと限界までやってしまうという人もいますけど注意しましょうね。

まとめ

運動は基本的には身長を伸ばすのによい影響を与えるということ。
今回は有酸素運動という話がありましたので、取り上げてみました。

基本的に有酸素運動は身長に対しても良い影響を与えるといわれています。有酸素運動は健康にもいいですしやる価値は大いにあります。

ただしあまりにもハードな運動であれば逆効果ということもあります。極端でない、健康の範囲であれば問題はありません。

無理をしすぎないようにということで、有酸素運動に取り組んでみるというのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です