トランポリンを使えば身長が伸びる?家庭用でも大丈夫?

トランポリンと身長の関係

身長を伸ばすために子どもにやってもらった方がいいことというのは何になるのでしょうか?

子どもの将来を考えて、身長が伸びなさそうな子の場合、またはもっと伸ばしてあげたいと考えている場合は、しっかりと対策をとっておいた方がいい場合もあります。

そんなときのアイテムとして、トランポリンを使えばいいのではという話がありました。ジャンプする運動が身長を伸ばすのにも、子どもの運動にもいいのではという話です。

ここではトランポリンと身長の関係について話をしていきます。

トランポリンは楽しく運動できる器具

トランポリンは見てのとおりといいますか楽しく運動できる器具というところが魅力です。

跳ねるだけですけど、その感覚は遊園地のアトラクションのようなもので、純粋に楽しめるものです。

大人がやってみても楽しいですし、やれる環境があるならぜひやってみたいというもの、子どもであればもっと楽しく遊ぶことができるでしょう。

他のスポーツ等と異なり、飛ぶだけであれば運動神経であったり、筋肉量に左右されにくいというところもメリットです。
スポーツが苦手で子どもであったり、体がそんなに強くない子どもであったりと、一般的な集団スポーツが得意ではないという方も結構いるかとは思います。

でもトランポリンで飛び跳ねるだけであれば、遊びの一種のようなもの、できなくて大変ということはまずありません。
トランポリンを使って本格的な競技レベルのことをする必要はありません。

楽しむというだけでも、多くの効果が見込めるのです。

身長を伸ばすのに役立つと言われている理由は?

トランポリンをすることが身長を伸ばすのに役立つと言われるのは何故なのでしょうか?

その理由としてジャンプすることは骨に良い影響を与え身長を伸ばしやすくするからであると言われています。

バスケットボールやバレーボールの選手は身長が高い人が多いことで有名です。これらは、普段から縦に飛ぶという行動を頻繁に行っているからこそ身長が伸びやすくなると言われています。

もともと身長が高い人が集まっているということもあって、絶対にスポーツをしたから伸びるというわけではないという意見もあり、どこまで効果があるのか意見は分かれるものではあります。

とはいっても、身長を伸ばすということに関して刺激を与えるというのはいいことです。成長期にしっかりと伸ばしたい脚に良い刺激を与えておけば、何もしないよりも伸びる可能性は高まると言えるでしょう。

身長を伸ばすのに縄跳びなども良いとされています。
これも上下に飛ぶ、縦の運動が評価されています。

他のスポーツだと部活動や地元のチームに入らなければなかなか環境をつくるのが難しかったりもします。
トランポリンは場所さえ確保できれば、簡単に実践できるということが魅力です。

実際にトランポリンをやっていた家族の声としては、幼い頃は身長がまわりよりも低いくらいだったのに、中学生になると、まわりの人より5cmは高いくらいにまで伸び出したという話もありました。
トランポリンだけの効果ではないかもしれませんが、ちょっと期待したくなってきますね。

運動をすること自体が身長アップにつながる

トランポリンを使うのか、他の方法を使うのか、何をするのが一番身長を伸ばすのにいいのかということで考えてみます。

実は運動をすること自体が身長アップにつながるということがあり、必ず何かの運動をしなければいけないということはありません。

運動をする=成長ホルモン分泌が促進されるということは証明されているため、好きなスポーツであっても、ウォーキングやジョギング等の健康維持のような運動でも、筋トレでもストレッチでもいいのです。

適切な時期に体を動かしているということ自体が成長を促進してくれるというものになります。

器具を使わない運動でも成長ホルモン促進効果はありますので、できる範囲で体を動かしていくというのがいいですね。
ただ、ジャンプ行為はより脚を伸ばしやすいというような特徴もあります。

そういったメリットを考えてトランポリンという選択が出てきます。
毎回ジョギングに行くというのは、やろうと思えばできるとはいっても、誰もが続けられるものではありません。
トランポリンであれば楽しみながら簡単にということで、運動としても優れていると考えられます。

意外と運動効果も高い

トランポリンで飛び跳ねるということは楽しそうですが、どのくらいの運動効果になるものなのでしょうか。

実はトランポリンは消費カロリーが結構ある運動になっています。

トランポリンは5分間でジョギング1キロに相当する運動量があるなんてことも言われています。ただこの話の元はハリウッド女優の発言で噂話程度の信ぴょう性のようです。
トランポリンといっても、そこでどういう動きをしているかによっても消費カロリーは変わってきそうですね。

もっと現実的なレベルでの消費カロリーを見てみると、10分間で30キロカロリー程度という話が出てきます。
厚生労働省の基準では3.5~4.5METSという運動量になり、1時間で220~283キロカロリーの消費となるようです。

この計算だとジョギングと比較した場合、半分くらいの消費カロリーになります。ジョギングと比較した話をしましたが、毎日のようにジョギングをしたりするというのも、また簡単なことではありません。

遊び感覚でトランポリンでこれだけカロリーを消費できるのであれば、ちょっとした運動としては結構良いのではないでしょうか。

インナーマッスル、体幹を強くする効果も

トランポリンの運動効果というところでは、カロリー消費という面以外にもインナーマッスルを鍛える、体幹を強くするという効果も期待できます。

大人は消費カロリーに飛びつきそうですが、子どもであればインナーマッスル、体幹を鍛えておくというのはまた大きなメリットになります。

全身運動でないとインナーマッスルや体幹は鍛えにくく、普通のスポーツでは使う筋肉部分以外は強くしにくいものです。

体幹を鍛えておくとバランスが良くなるということで、運動神経の向上も見込めますし、姿勢も良くなっていくことが期待できます。

姿勢が良くなるということは身長アップにもつながりやすいです。
悪い姿勢をしていると、成長ホルモンが十分にいきわたりにくくなりますし、骨も歪んで低く見えてしまいます。
こうした点を回避することもできるのです。

体幹を鍛え、基礎体力もついてくると、スポーツ面だけではなく、日常の行動にも疲れにくい等のメリットも出てきますし、物事について活動的になりやすくもなります。

運動効果としては他のスポーツではない魅力的なものがありますね。

ストレス解消効果

トランポリンをすることにはストレス解消効果もあると言われています。
これはイメージしやすいですよね。

ボンボンと跳ねてトランポリンを楽しむ。
イアイヤとやる運動ではありませんし、ハードな筋トレのように自分のことを追い込んで作り上げるというようなものでもありません。

規律あるスポーツのように、監督から厳しい指示を受けて頑張るというものでもありません。

本格競技の道に進むのであれば違ってくることになりますが、普通にトランポリンで遊ぶ、運動するだけであれば、それはルールがあるものではなく、自由に楽しむだけです。

気持ちよく動くことができて、気持ちよい汗をかけばストレスも解消されますね。

このストレス解消というのも身長を伸ばすのには大事なことです。
ストレスを多く抱えていると、成熟化が早まり身長が伸びないとされています。多くのストレスを乗り越えないと、と思うところもあるかもしれませんが、過剰なストレスは本人の成長をストップさせてしまうのです。

のびのびとストレスのない、少ない生活を送った方が成長には有利なのです。

ストレスが上手く解消できれば、勉強面でもすっきりした気持ちで取り組むことができるようになり、役立つ効果も出てくるでしょう。

現代人はいかにストレスを上手く解消するかということが大事になってきます。大人も子どもも、ストレスの解消法を見つけるべきですし、その一つとしてトランポリンを使ってみるというのもいいでしょう。

トランポリンは背が伸びないという話もある?

トランポリンを使うことによって身長を伸ばすのに役に立つという趣旨で話をしてきましたが、背が伸びないというような話も中にはあるようです。

その中身について調べてみると、トランポリンをしている体操選手は身長が低い傾向があるということがありました。

これは何故かというと、トランポリンの選手レベルとなると、宙返りをしたり等の技を決めるということが主体となり、どちらかというと身長が低い方が有利となることがあります。

大抵のスポーツが身長が高い方が有利であるのに対し、体操に関しては身長が低い方が有利である珍しい競技になるのです。
そのため競技人口として身長が低い人が多いのがまず1つです。

そして、もう一つは筋トレがあげられます。普通にトランポリンをするのではなく競技レベルで戦うとなると、筋トレをして体をつくりこまなければいけません。

小さいときからスポーツ選手として体を作りこんでいる場合、あまりに過剰な状態となると、エネルギーがそちらにとられてしまい身長が伸びなくなると言われています。筋トレをすると身長が伸びなくなるということではなく、一般的にはむしろ伸びるのですが、過剰すぎるとマイナスになるということです。

このような理由があって、選手レベルでは身長の低い人が目立ち、なんとなくトランポリンでは伸びないような説も出てきているのではないでしょうか。

一般の人が身長を伸ばしたり、健康のために行う運動は、このような競技レベルを想定しているわけではありません。

通常の範囲でトランポリンで運動する分には、そのジャンプする動きから考えても身長は伸びる方向性に、プラスにはたらくと考えていいでしょう。

子供の過剰な筋トレは身長が伸びなくなる?筋トレと成長の関係は?

2019年12月1日

家庭用トランポリンの問題は?

トランポリンで運動するのが身長を伸ばすのに良い、他にも子どもにとっても大人にとってもメリットはたくさん。
できればトランポリンをやりたいと思っても、近くに都合よくトランポリンができる施設があるとは限りません。

残念ながら日本では誰もが知っているものではあっても、実際にできる運動としてはマイナーなものになってしまいます。

そこで登場するのが家庭用トランポリンです。
家庭用のトランポリンであれば、いつでもできるので安心です。
そこまで大きなものではないですが、価格も数千円~1万円以内で購入することができますので意外と気軽に購入できてしまいます。

問題点としては以下が思い浮かびます。

・用意できるスペース

トランポリンを購入することは気軽にできてもどこに置くかという問題が出てきます。
家庭用のものとしてもしずを見ると直径で100cm~120cmくらいのものが多いようです。

外で見たら小さく見えるかもしれませんが、自宅に置く直径100cmの円となると、結構それなりに大きいです。
広い家ならいいとは思いますが、そうでない家だと、厳しいかもしれません。

スペース的には置くことができても、通路としてふさがってしまうとか、そこに置くと不便だとかいろいろと問題は起こります。
こればかりはダメなところではどうしようもありません。

・騒音問題

騒音問題が大丈夫か気になる方も多いでしょう。
製品的に音が静かとされていても、その人の家の構造にとっては大丈夫なのかどうかはまた別問題です。

戸建てであれば気にすることはないでしょうが、マンションの2階以上に住んでいる場合は、そのマンションの防音性がどこまであるのかということになってしまいます。

ゴムを敷いて衝撃を吸収する等の方法もありますが、普通のトレーニング器具と比べてボンボン跳ねるので運動量、衝撃も大きくなりがちですし、どの程度のレベルなのかというのはチェックしておきたいところです。

口コミを見ると?

各トランポリンの口コミを見るとどのようなものがあるのでしょうか。

◆Vsadey トランポリン 直径100cm 耐荷重150kg

・家の中でも十分使えます!私は一階のリビングで使ってます^_^

・全体的に丈夫で破れたりする心配はないと思います。ただ、スプリングなので音はそれなりにあります。

◆JX FITNESS トランポリン


・しっかりしたもので組み立てもそんなに難しくはなく良かったです。トランポリンの構造自体がバネではなく、ゴムであるので、音が静かで、また足を踏み外しても安心です。

・音も思ったより静かでした。しっかりして安定感があり、安心して使えました。

・天候が悪い時、外で遊べなくても室内でトランポリンで身体を動かせるのでとても良いです。

・主人が使う時は、たまにガタッゴトッと音がしますが、下にマットを敷かなくてもこの程度で済むのは、さすが静音機能といった感じです。

◆Safly Zoneトランポリン

・飛ぶ面と、周りが金具でなく布でつながっているのでギシギシ音がなくしずかです。もちろん縫い方はしっかりしてます。
激しい飛び方をすると、木造住宅二階で飛ぶと階下でドカドカ音がします。

・出来上がったトランポリンは脚の設置面にゴムがついていて床をキズつけず静音です。思いっきり飛ばなくてもいい運動になります。体幹というかインナーマッスルに効きそうな気がします。

・バネ式かゴム式で悩みましたが、バネ式は跳ぶとギシギシと音がするということだったので、室内で使用することもあり、ゴム式を購入しました。

このような口コミが確認できました。トランポリンの効果に関しては期待できそうですし、みなさん使っていて良い口コミが多いです。

後は気になる騒音ですが、木造だとちょっと厳しいのかもしれませんが、そうでなければ上手く静音で使うことができそうですね。

運動だけでなくサプリと組み合わせると良い

トランポリンを使うと身長を伸ばすことであったり、運動効果として良いということを言いました。

身長を本格的に伸ばしていきたいということであれば、トランポリンだけではなく、サプリメント等を使って栄養面での補給もしていていった方がより良い効果が出る可能性が高くなります。

身長を伸ばす基本は栄養・運動・睡眠であるため、運動面だけで理想的な環境を整えたからといって、必ずしもよく伸びてくれるとは限らないからです。

特に栄養面は体をつくる元となる話ですので重要性が高いです。
食べるものを食べていないのに運動してもパワー不足になってしまいますね。

おかずを工夫していくというのもいいですが、身長に悩み、不安があるというのであればサプリメントを使って理想的な環境を実現するという方が望ましいです。

実際にトランポリンの運動とサプリメント利用を組み合わせて身長が伸びたと実感している例もあります。どちらが効果があったのか、組み合わせたから効果が高くなったのかははっきりとはわかりませんが、とれる対策としては全て行っておいた方が良い効果が期待できるでしょう。

何かを行って、何をやらないかというのは自由ですが、こうした方法もあるということで一度チェックしてみてください。

身長サプリメントで伸ばす

身長を伸ばすサプリメントNAVI

身長を伸ばすサプリメントについて。中学生・高校生でも身長は伸ばせる?

2019年10月21日

まとめ

ここではトランポリンを使用することによって身長を伸ばすことについて話をしました。

説明のとおり、トランポリンを使うことは身長を伸ばす効果も期待できますし、子どもや大人にとってもよい運動効果、健康効果が得られます。

スペース上の問題がありますので、誰もが家庭用のものを購入するというわけにはいかないところもありますが、可能な方は試してみてもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です