コラーゲンを摂ることで身長が伸びる?コラーゲン効果は本当なのか?

コラーゲンで身長が伸びる

コラーゲンを摂ることが身長にとっても良い効果がある?
そのような話を見ました。

コラーゲンというと、美容効果が凄くて女性であれば一度はコラーゲン関連商品を試したりはしているとは思いますが、身長に影響するというのは結構珍しい話のようにも思えます。

ですが、コラーゲンと身長には関連するだけの事実はあるのです。
ここではコラーゲンと身長の関係については話をしていきます。

コラーゲンといえば美容効果

コラーゲンといえばなんといっても美容効果というイメージがあります。
基礎化粧品でもコラーゲンを採用しているものは多いですし、食べ物としてもコラーゲン入りであったりということで、日常的にコラーゲンの言葉は見かけます。

コラーゲンを摂るとどうなるのかというと、若々しいハリと弾力を作ってくれる、肌の潤いを保持してくれるなんて効果が見込めます。

コラーゲンの食べ物を見るとプルプルしている質感だったりして、これが肌に浸透して同等のものを再現できればいいなと思いますが、理論上も本当に肌でも同じ潤い状態を作れるということなんです。

また、コラーゲンを摂ることによる反応として、体内でコラーゲンを作り出すことへのシグナル効果もあると言われています。
コラーゲンは摂ったものがそのまま肌へ移っていくというだけではなく、コラーゲン自体を体内で生成できるものになっています。

このコラーゲンを生成するシグナル的効果があることによってより効果を高くすることができるのです。
肌ケアはしていないと、本当に年月が経つごとに差がついてしまうものですし、コラーゲンは注目しておきたい成分の一つなんです。

コラーゲンが身長に良いとされる理由は?

ここはコラーゲンの美容効果について説明するサイトではなく、あくまで身長を伸ばすこと目的として書かれているサイトです。

では、コラーゲンが身長を伸ばすのに良いとされる理由は何になるのでしょうか?

実は身長を伸ばすための基本となる骨の部分ですが、この骨の軟骨部分はコラーゲン成分たっぷりというものになります。

身長を伸ばすのは骨端線ということは他の記事でも伝えていますが、骨端線=軟骨部分であり、骨の端の軟骨部分が作られていくことでやがて骨となり、骨が伸びていきます。

骨が伸びていくことによって、まわりの細胞もそれにつられて拡大して身長が伸びるということになります。

この軟骨成分のコラーゲンをどんどん摂るということは、体の中でも骨の成分として作られやすくなり、骨が伸びる、身長が伸びるということにつながるのではないかという理屈になるんですね。

コラーゲンが体の中で有効な成分として使われている以上、どうやって上手くその箇所でコラーゲンを生成させるかがカギとなってくるということです。

コラーゲンに関する疑問 本当に効果があるのか

コラーゲンが身長に良いという話ですが、この話に関しては不確定であること、疑問があります。

これはコラーゲンを摂ったからといって、直接人の体の骨部分のコラーゲンとして生成できるのかということです。

コラーゲンに限った話ではなく、微妙な話にはなってきますが、摂った成分がそのまま体の中で活かせるのかどうかは議論になっています。

肉を食べたらそのまま体の中の肉になるのか?ということを言われてもそんなわけはないでしょうとなります。それが栄養成分であっても同じで直接的に結びつくのかどうかは別問題という可能性があります。

コラーゲンは直接体の中に入って移動するものではなく、体の中で生成させるものであるならば、コラーゲンを摂取する必要があるのかどうかということです。

まずコラーゲンを摂ったところで、食べ物、サプリメントとして摂る以上、胃に入って消化されることになりますし、そこから都合よく骨部分に移動して骨が出来上がるのかということ。

これは美容効果でも同じで、そう都合よく肌の表面部分にコラーゲンが届き潤いを維持してくれるのかどうか。

ここは賛成派否定派と意見が分かれてくるものになります。
そうはいっても、世の中にこれだけのコラーゲンが溢れている以上、疑いすぎるのもよくない?というものもありますし難しいところです。

大元となるのはたんぱく質である

コラーゲンとは何なのか?これを明らかにしないと本当に身長に効果があるのかはわかりません。

実はコラーゲンはたんぱく質の一つという位置づけになります。
人間の場合、たんぱく質の30%がコラーゲンとなって体内に存在していると言われています。

たんぱく質とはプロテインのことですし、肉、魚、大豆から摂れるようなものなので、コラーゲンとは全然イメージが違います。

そして、たんぱく質を摂ると身長が伸びると言われており、こちらは確かな事実として存在することです。

ということはたんぱく質をたくさん摂れば、それが体内に入っていき、そこからコラーゲンが生成されるということでもあり、コラーゲン自体を直接摂らなくてもいいのではという考えもまた成り立ちます。

直接的に届くのではなく、分解されて再生成されるということであれば、大元であるたんぱく質をしっかりと摂っていれば、コラーゲンを多く摂らなければいけないという心配はなくなるということです。

経口摂取に関する疑問と新たな展開

経口摂取の効果問題。これは要するに口からサプリメントや食べ物等で栄養を摂った場合の効果はどこまであるのかということ。

コラーゲンと身長の話でも言いましたが、それだけでなく美容面でも同じことが言えます。コラーゲンだけではなく他の成分であっても、似たような話は出てくるでしょう。

よく身長を伸ばす成分だとアルギニンというものが出てきたりするのですが、こちらも注射で体の必要箇所に直接注入すれば効果があっても、口から入れたときの効果はどこまであるのかに疑問が持たれたりしています。

なんであっても、人の体は口から摂る以上、胃を通ることになるので、そこで分解されるのではないか?直接的に食べたものが体中にまわるわけではないですよね?ということがあり、効果に関しての意見は分かれたままなのです。

経口摂取の効果が認められたという話

ここまで経口摂取、口からコラーゲンを摂るということへの効果は怪しいような風で書きましたが、実はこの疑念を覆すような衝撃的な発表がありました。

大手サプリメント会社のファンケルが横浜市立大学との研究でコラーゲンの経口摂取で、コラーゲンペプチドが血液、皮膚に届くことを確認したというものです。

ファンケル)コラーゲンペプチドが皮膚に届くことを確認
https://www.fancl.jp/laboratory/report/37.html

コラーゲンペプチドとはコラーゲンの分解物で、見ずに溶けやすいもので食品、化粧品分野ではこの形態で利用されたりしています。

これは今までの話を覆す大きな発表だと感じています。
今までは本当に口からコラーゲン成分を摂っても意味がない、化粧品会社などが宣伝しているのは嘘だ、というような批判がたびたびあり、信ぴょう性がありそうな雰囲気を醸し出していたのですが、実際に口から摂っても意味があるという結果が出てしまったのです。

この事実がある以上、美容成分としてコラーゲンを口から摂るのはOKだということ。

そして、体にコラーゲン成分が行き渡るということが事実であるなら、コラーゲンを摂って、その成分が骨部分にも行き渡り、骨を生成して身長を伸ばしてくれるというのも、十分真実味がある話となってくるのです。

たんぱく質、アミノ酸、コラーゲン。どれを摂るのがいいのか。

コラーゲンを摂ることも身長を伸ばす可能性があるということを言いました。では、たんぱく質、アミノ酸、コラーゲン。どれを摂るのが一番いいのでしょうか。

これはどれも基本は同じものなんです。
たんぱく質の一部がコラーゲンですし、コラーゲンはアミノ酸に分解されます。
たんぱく質もアミノ酸から成り立ち、また体の中に入ると、一度アミノ酸で分解されます。

身長を伸ばすのに効果があると言われているアルギニンもまたアミノ酸の一成分です。

それぞれが、同じ成分の形態変化であったり、一部分だという関係性になるので、どれを摂れば一番いいのかというのが非常に答えにくいものになります。

これに関しては、今のところ絶対的な正解は出ていません。
サプリメントの販売各社も自社商品の宣伝として特定成分を打ち出したりはしていますが、絶対にその成分がいいとは限りませんし、その成分だけを摂ればいいのかどうかもわかりません。

私達はどうすればいいのかですが、基本的にあまりに偏りのあるような方法はとらずに幅広く栄養を摂るようにしていくことをおすすめしたいです。

特定の食べ物だけを一生懸命に食べるとか、正解がわかりませんし、どこかで栄養成分の偏りが発生するということは、何かマイナスの効果が出る可能性もあるからです。

全てをたどるとたんぱく質が大元、ベースになる話ではありますので、高たんぱくな食事をするということは心がけた方がいいかもしれません。

コラーゲンが含まれるサプリメントは?

コラーゲン

コラーゲンを摂ると身長が伸びる可能性があるということで、サプリメント経由でコラーゲンを摂りたいという方もいるかと思います。

美容商品でコラーゲン摂取という方法もありますが、身長を伸ばしたいということであれば、身長を伸ばすために専門に作られたサプリメントを利用する方が効率としても、良いものになるでしょう。

実際に身長を伸ばしていくのは、成長期の子ども中心になるでしょうから、美容系商品を使うというのもまだ時期尚早になる部分もありますね。

プラステンアップ

プラステンアップは中高生専門のサプリメント。中学生・高校生という年齢の人が身長を伸ばしていくには、このサプリメントを一番おすすめしておきたいところです。

コラーゲン配合ということを積極的にうたっているわけではありませんが、配合成分を見るとコラーゲンペプチドが入っていることが確認できます。

あくまで中高生の成長に必要な栄養素をバランスよく吸収することを基本としながら、コラーゲンも確保しておけるというところでしょうか。
もちろんアミノ酸類もしっかりと摂取することが可能です。

中高生の方が対象としてはこのプラステンアップを飲んでおけば安心ですね。

プラステンアップ 詳細はこちら

プラステンアップの口コミは?実際に飲んだ結果もレビューします。

2019年10月28日

アスミール




アスミールはココアベースで現在味が4種類になった飲むタイプのサプリメントです。

こちらはプラステンアップと比べた場合、小さな子どもの利用者が多いというイメージですね。

アスミールも栄養バランス重視型として、非常に多くの栄養が摂れるような仕組みになっています。コラーゲンに関しても積極的に書いてはいないのですが、原材料名の中にもコラーゲンペプチドが掲載されています。

子どもの栄養をバランスよく、そしてコラーゲンの要素も含めてと考えるとおすすめできるかなと思います。

アスミール 詳細はこちら

コラーゲンが入っているから絶対にいいとは限らない

この記事ではコラーゲンが入っていると身長が伸びるかということについて書いていますので、コラーゲンが入ると、特別な効果があるように見えてしまうかもしれません。

実際のところ、身長を伸ばすサプリメントという分野の中ではコラーゲンは特別視されているというものではなく、あくまで補助的な成分として取り扱われているものでしかありません。

コラーゲンが入っているからといって絶対に身長が伸びるからよくて、入っていなかったらダメというものでもありません。

他にもコラーゲンが一切入っていない身長サプリメントもありますが、そういったサプリメントでもしっかりと身長の伸びは確認できています。

コラーゲンが入っていなくても、大元はたんぱく質であり、たんぱく質が豊富であれば身長は伸びる可能性が高いです。
コラーゲンはプラスするエッセンスというようなイメージでしょうか。

コラーゲンについてどう考えるかは自由ですが、それだけはなく全体的なバランス、他の配合等も見て総合的に考えるようにしていきましょう。

まとめ

ここではコラーゲンと身長との関係、コラーゲンを摂れば身長が伸びるのかということについて書きました。

結論としては、コラーゲンが身長を伸ばす可能性はあるということです。
ただし、そこまでの絶対視ではなく、なくても伸びているケースも多いため、どこまでコラーゲンを摂る必要があるのかというのは、各自のお好みで大丈夫かと思われます。

コラーゲン成分が好き、ついでに摂りたい等があればいいかもしれないですね。

サプリメントで補助的に摂れるものもありますのでぜひ検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です